おでかけ動画マガジン

トラベル

更新 2016.06.06 | 公開 2016.06.06

絶景を見ながら浸かる温泉!「星野リゾ—ト 界 熱海」の個性的な温泉を紹介

「星野リゾ—ト 界 熱海」では、2つの温泉が楽しめます。源泉の名前を取った「走り湯」は、檜を丸太に組んだ湯船の向こうに相模湾の絶景が見える造り。もうひとつの湯殿は、透明なガラスで囲まれた先に露天風呂が森の中に浮いているような、モダンな「古々比の瀧(こごいのゆ)」。ユニークな設計は隈研吾氏によるもの。

源泉は、日本三大古泉のひとつ

東京から新幹線で45分という便利な熱海。緑豊かな伊豆山には古くから美肌の湯として定評がある温泉が開けています。「星野リゾート 界 熱海」は、その伊豆山の高台に江戸時代からの伝統を引き次ぐ本館があり、麓には歴史を感じる洋館の別館ヴィラ・デル・ソルが。

絶景を見ながら浸かる温泉!「星野リゾ—ト 界 熱海」の個性的な温泉を紹介の1番目の画像

「界 熱海」の源泉は、開湯1200年の日本三大古泉の一つ。伊豆山神社と拘わりも深く古くは霊湯として信仰を集めていたという湯。「界 熱海」には個性の異なる2つの湯殿があり、その豊かな湯量を源泉掛け流しで楽しめます。

良質なお湯に浸かりながら、絶景を一望

ひとつめの湯殿は、源泉の名前を取った「走り湯」で、檜を丸太に組んだ湯船の向こうに相模湾の絶景が見える造り。檜のいい香りに囲まれて、とろりとした柔らかな湯は肌を滑るよう。泉質は、ナトリウム塩化物泉で、保温効果に優れ、湯冷めしにくいのが特徴です。

絶景を見ながら浸かる温泉!「星野リゾ—ト 界 熱海」の個性的な温泉を紹介の2番目の画像

もうひとつの湯殿は、透明なガラスで囲まれた先に露天風呂が森の中に浮いているような、モダンな「古々比の瀧(こごいのゆ)」。ユニークな設計は隈研吾氏によるもの。湯面に緑が影を落として美しい。湯船の木枠が枕のようになっていて、頭を持たせかけて目をつむれば鳥のさえずりや潮騒の音が、なんとも良い心地。

絶景を見ながら浸かる温泉!「星野リゾ—ト 界 熱海」の個性的な温泉を紹介の3番目の画像

「界 熱海」は伊豆山の斜面に立っているので、湯殿は建物と階段で繋がっていて、途中に「青海テラス」という相模湾一望の湯上がり処も。冷たいお茶、夜には地元の梅酒や梅ジュースなども用意されていて、温泉から上がって、火照ったところで飲み物を片手に寛げます。

朝に夕に温泉を楽しみながら、自然の中に身をおいてゆっくりと湯を楽しめるのは、まさに至福の時間。

取材・文/小野アムスデン道子

スポット情報

星野リゾ—ト 界 熱海

星野リゾ—ト 界 熱海

静岡県熱海市伊豆山750-6

0570-073-011

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事