おでかけ動画マガジン

トラベル

更新 2016.06.07 | 公開 2016.06.07

神の湯とも呼ばれた温泉。「星野リゾ—ト 界 熱海」の絶景温泉を紹介

「星野リゾ—ト 界 熱海」の湯殿は2つ。一つは源泉の名を取った「走り湯」で、丸太檜のゆったりした湯船からの相模湾の眺めが美しい。もう一つは、透明なガラスに囲まれたモダンな半露天風呂の「古々比の瀧(こごいのゆ)」。

開湯1200年、神秘的な源泉

東京から地の利がよい湯どころ熱海。新幹線を利用すればわずか45分。数多くの源泉があって古くから温泉地として開けていますが、伊豆山温泉の麓にある源泉「走り湯」は、全国でも珍しい横穴式の源泉で、かの源頼朝もつかったと言われています。

洞窟の入り口からは白煙が立ち上り、奥に入っていくとサウナのような熱気。そして、湯の源は、洞窟の奥でボコボコと沸き立っていて、まさに大地のパワーを感じる神秘的な光景。

神の湯とも呼ばれた温泉。「星野リゾ—ト 界 熱海」の絶景温泉を紹介の1番目の画像

その伊豆山の「走り湯」を引いた掛け流しを楽しめる温泉旅館が「星野リゾート  界 熱海」。江戸末期から続く伝統ある純和風の本館と麓にはクラシカルな洋館の別館ヴィラ・デル・ソルを持つというのがユニーク。

ふたつの個性ある湯殿で、優雅に湯浴み

「界 熱海」の湯殿は2つ。一つは源泉の名を取った「走り湯」で、丸太檜のゆったりした湯船からの相模湾の眺めが美しい。柔らかで、とろりとした湯に浸かれば、身体がほぐれるよう。肌の上をすべらかに流れる湯は美肌の湯といわれ、湯上がりもしっとり。

神の湯とも呼ばれた温泉。「星野リゾ—ト 界 熱海」の絶景温泉を紹介の2番目の画像

もう一つは、透明なガラスに囲まれたモダンな半露天風呂の「古々比の瀧(こごいのゆ)」。周りを遮るものがなく、空中に浮いているようなユニークなデザインは、隈研吾氏によるもの。開放感は抜群で、緑に囲まれてゆっくりとお湯を楽しめます。

神の湯とも呼ばれた温泉。「星野リゾ—ト 界 熱海」の絶景温泉を紹介の3番目の画像

湯上がりは、空中に張り出したような「青海テラス」で。相模湾を一望できる湯上がり処で一息。お昼は冷たいお茶、夜には地元の梅酒や梅ジュースなどのフリードリンクが用意され、潮騒をききながら飲み物片手にゆっくりと寛げます。

神の湯とも呼ばれた温泉。「星野リゾ—ト 界 熱海」の絶景温泉を紹介の4番目の画像

1200年も前に開かれた日本三大古泉の一つ、古くは信仰の対象にもなったという神秘的な走り湯から引かれた湯は、心と身体を生き返らせてくれそう。

取材・文/小野アムスデン道子

スポット情報

星野リゾ—ト 界 熱海

星野リゾ—ト 界 熱海

静岡県熱海市伊豆山750-6

0570-073-011

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「トラベル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事