おでかけ動画マガジン

HOW TO

2017年01月15日更新

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方

風呂敷を使ったシンプルバッグは、額縁や植木鉢などのような持ち手のない物や変わった形のものを運ぶ時に最適です。 包み方も簡単なので、ちょうどいい袋がないときにもに役に立ちます。

旅行にも便利なシンプルバッグ

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の1番目の画像

風呂敷は、包み方次第で便利なバッグにもなり得てしまうのです。シンプルバッグは、額縁や植木鉢などのような持ち手のない物を運ぶ時に活躍します。包み方も簡単なので、覚えておくとちょっとしたお買い物などに役に立つでしょう。

風呂敷を半分に折る

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の2番目の画像

平らな場所に柄の表側が天井を向くように広げましょう。それを三角形をつくるように半分に折ります。きれいな三角形になるようにきちんと先端を揃えるのがポイントです。

片側の端を結ぶ

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の3番目の画像

半分に折って三角形にした左右どちらかの端を結びます。このときに片方の手で風呂敷を固定しながら輪っかをつくり、その輪っかに端の部分を通すようにして1回結びましょう。

反対側の端も結ぶ

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の4番目の画像

片側の端を結んだら、同じように反対側の端を結びます。このとき輪っかに通して出た端の部分の長さと結んだ部分の大きさが左右でほぼ同じになるようにすると、出来上がりの見た目が美しく仕上がります。

三角形を開く

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の5番目の画像

両端を結び終わったら、三角形に折った風呂敷の山の部分を元の形に戻すようにして開きます。この時点で風呂敷の柄の表側が、天井を向いている状態になっているかを確認しておきましょう。

風呂敷を裏返す

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の6番目の画像

三角形に折った風呂敷を開いたら、表と裏をひっくり返します。結んでいる両端も同様にひっくり返してください。風呂敷の柄の表側が、テーブル側にくるようにしましょう。

結び目を中に折り込む

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の7番目の画像

風呂敷をひっくり返したら、両端の結び目を両方とも内側に折り込みましょう。このとき、結び目ぎりぎりの部分を折り込んでください。

残った端を結んで完成

持ち運びに活躍する風呂敷!「シンプルバッグ」の包み方の8番目の画像

最後に残った風呂敷の端同士を結びましょう。真結びをすることで、しっかりとバッグの持ち手を固定することができます。結び目を持ち、形を整えて完成です。

風呂敷は、バッグにもなってしまう万能アイテムです。このシンプルバッグの包み方を知っていれば、持ち運びが不便なものや、旅行先でポーチが無いときなどさまざまな場面で利用できます。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「HOW TO」に関する人気記事ランキング