おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

2017年02月08日更新

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪

日々の生活をちょっぴり上質にしてくれる"風呂敷のある暮らし"が人気を集めています。今回は、ペットボトルを持ち歩ける包み方 をご紹介! 持ち手も作れて水滴対策もしてくれる、おしゃれで万能な風呂敷包みです♪

「ペットボトル包み」

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の1番目の画像

ペットボトルには持ち手がなく、不便を感じたことはありませんか? そんな時に役立つのが、風呂敷を使ってペットボトルを包んだ「ペットボトル包み」です。簡単にでき、水滴対策にもなるので覚えておくと役立ちます。

ペットボトルが包めるサイズの風呂敷を用意

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の2番目の画像

まずはじめに、ペットボトルが包めるサイズの風呂敷を用意します。風呂敷を平らな場所に広げておきましょう。広げた風呂敷の中央からやや奥にペットボトルを置き、奥の風呂敷の角を持ち上げます。

風呂敷とペットボトルを固定する真結び

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の3番目の画像

次に、ペットボトルのキャップの下あたりで真結びをします。ここで風呂敷とペットボトルをしっかり固定することがポイントです。

先を結び目の内側に下から通す

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の4番目の画像

手前に残っている風呂敷の両端を重ね合わせてひとつにします。真結びの後ろに、風呂敷の両端を下から通しましょう。真結びした部分を片手で押さえながら通せば、通しやすくなります。

風呂敷の引き上げがポイント

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の5番目の画像

結び目の下から通した風呂敷の端を引き上げます。この時、しっかり風呂敷を引っ張り上げておくことで、ペットボトルの形に沿った美しい仕上がりになるため、とても重要なポイントです。

持ち手部分を作る

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の6番目の画像

引き上げた風呂敷の端を、左右に分け形を整えながら生地をねじっていきましょう。裏側が見えないように、風呂敷の端を重ね合わせておくと綺麗に仕上げることができます。

真結びはしっかりと。

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の7番目の画像

ねじった風呂敷の端を真結びしていきます。真結びはしっかりと結んでおくことが重要なポイント!重たいペットボトルでも耐えることのできる包み方になります。

細部を整えれば完成

風呂敷で簡単!お洒落な「ペットボトル包み」の包み方で水筒いらず♪の8番目の画像

持ち手の真結び部分の形を整えれば、ペットボトル包みの完成です。正面部分の真結びの形をもう一度整え、細部にまで美しく仕上げると完成度がワンランクアップします。

ペットボトル包みは、包んだまま飲み物が飲め、そのまま持ち運ぶこともできるため、覚えておけば役立つ便利な包み方です。持ち手のないペットボトルも、これで持ち運びが楽なかわいいペットボトルに変身します!

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング