おでかけ動画マガジン

HOW TO

2017年02月23日更新

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方

風呂敷が普段使いのバッグになるって知ってましたか? 両端を結んで真ん中にスペースを作った「バスケット包み」を利用すれば、大きさも自由自在の即席バッグが完成します♪

「バスケット包み」

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の1番目の画像

風呂敷の使い道は、ものを包むだけではありません。持ち手が二つある「バスケット包み」を利用すれば、見た目もバッグらしい包みの完成です。ちょっとしたお出かけにもぴったりのバスケット包みは、そのまま大きいカバンに入れることもできるので、知っておくといろいろ活用方法があります。

大きめの風呂敷を用意する

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の2番目の画像

風呂敷のサイズ選びに迷ったら、少し大きめの風呂敷を用意します。。小さいと中に物が入れにくいので、大きいものがおすすめです。まず、風呂敷を四角に広げます。

両端を持ち真ん中でしっかり結ぶ

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の3番目の画像

手前側の端を両手で片方ずつ持って中央で一回結びます。真ん中までしっかりと結びましょう。

持ち手をつくる

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の4番目の画像

一回結んだ両端を持ち、そこを持ち手になるよう輪にして真結びします。持ち手が小さいと持ちにくくなるので、持ち手部分の大きさを調整しながら結びましょう。

風呂敷の向きを変える

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の5番目の画像

風呂敷の向きを変えて、反対側も同様に持ち手を作っていきます。

もう一つの持ち手をつくる

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の6番目の画像

最初に作ったものと同じように、風呂敷の両端をそれぞれの手で持ち、真ん中までしっかりと一回結びます。そして、持ち手を作るためにその両端を持って真結びを作りましょう。

形を整えれば風呂敷バッグの完成!

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の7番目の画像

反対側とのバランスを取りながら、形を整えればバスケット包みの完成です。巾着袋のような使い方ができるので、お出かけ用のバッグとしてもおしゃれです。

開閉が自由自在な入れ口がポイント!

風呂敷で即席バッグが完成! 「バスケット包み」の包み方の8番目の画像

バッグの上部の口の部分は、広げると開き、持ち手を広げると口が閉じる仕組みになっています。口が閉じるので、中身が見える心配もなく安心してお財布なども収納できますね。

バスケット包みは、開閉が自由にできるのでちょっとした買い物や荷物が少ないときなど普段使いにもぴったり。このやり方を利用すれば、浴衣や着物にぴったりのバッグの完成です。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「HOW TO」に関する人気記事ランキング