おでかけ動画マガジン

グルメ

公開 2019.03.31

「高級食パン専門店 あずき」のありそうでなかった小豆入り食パンに舌鼓

二子玉川駅から徒歩2分、玉川高島屋SC南館の裏に「高級食パン専門店 あずき」はあります。ありそうでなかった、“小豆”が入った食パンを販売している「高級食パン専門店 あずき」には、連日多くの方がその味を求めて来店されます。

多い時には1日に700個〜750個ほど売れる時もあるのだそう。取材時にも、開店と同時にお客さんが列を作っていました。

■紹介メニュー

・AZUKI食パン

「高級食パン専門店 あずき」の看板商品である「AZUKI食パン」。巷で見かける、“あんこが練り込まれた食パン”ではなく、あずきが練り込まれている食パンというのが他の店との違いです。北海道産あずきを100%使用しており、一口食べただけでトリコになってしまう美味しさ。もっちりとした生地の中に散りばめられている小粒のあずきは、まさに“ちょうどよい”甘さとなっています。

・SHIRO食パン

オーソドックスなプレーンの食パンである「SHIRO食パン」は、素材本来の旨みや甘みをそのまま味わうことができます。何もつけなくても美味しいと感じる秘密は、原料にヨーグルトとマスカルポーネを使用しているから。ほんのりとした甘みと上品なコク、そして生地のもっちり感を生み出しています。また、職人さんによる手間暇かけた独自の製法により、ほかにはない柔らかさと口当たりが特徴となっています。

・MATCHA食パン

おすすめの食べ方は、1日目は生で食べること。焼きたてならではの柔らかさや香り、食感を何もつけずにそのまま食べて堪能してみて。そして2日目は軽くトーストするのがおすすめ。上に乗せたバターの縁がちょっぴり溶けるまで温めてみましょう。外はカリカリ、中はもっちりした焼き上がりになり、生で食べるのとはまた違う食感に出合えますよ。3日目以降はスライスして冷凍庫で保存してください。食べる時はそのままトーストすると、美味しさもそのまま召し上がることができます。

スポット情報

高級食パン専門店 あずき

高級食パン専門店 あずき

東京都世田谷区玉川3-9-3 ストリーム タマガワ1階B号室

03-6431-0302

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事