ルトロン

おでかけ動画マガジン

PR / 日光市

POST 2019.04.19

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめ

栃木県 > 日光

おでかけ気分が高まる新緑の季節がいよいよ到来。日光で体験できる、おすすめアクティビティを9つご紹介します。王道の観光地から、期間限定のイベントまで。お気に入りをみつけて、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ビーチリゾートのように美しい眺め「中禅寺湖 千手ヶ浜」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの1番目の画像

日本一標高の高い場所にある湖・中禅寺湖。男体山がそびえ、その姿はかつて日本を旅した英国人旅行家イザベラ・バードも絶賛したそう。湖の西側に位置する千手ヶ浜はまるで、ビーチリゾートを思わせる美しさ! 6月上旬から下旬にかけて見頃になる、白やピンクが華やかな「クリンソウ」のシーズンが特におすすめです。

◆場所:中禅寺湖畔 ※千手ヶ浜には一般の車両は入ることができません。
◆期間:2019年4月26日(金)~11月30日(土)
◆料金(低公害バス)大人(中学生以上)300円、小人(6才~12才)150円
平日:
4月26日(金)~5月31日(金)・7月2日(火)~8月10日(土)
9月3日(火)~9月28日(土)・11月1日(金)~11月30日(土)
土・日・祝日:
4月28日(日)~5月27日(月)・7月1日(月)~8月5日(月)
8月11日(日)~8月31日(土)(毎日)
季節:
6月1日(土)~6月30日(日)・10月1日(火)~10月31日(木)(毎日)
◆アクセス:JR「日光駅」「東武日光駅」から東武バスで赤沼下車徒歩約3分。
◆TEL: 0288-55-0880

自然の美しさを全身で感じる「奥日光フラワートレッキング」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの2番目の画像

新緑の森の中で、豊かに息吹く木々や花々の美しさを満喫できる「フラワートレッキング」。奥日光の湿原「戦場ヶ原」や「中禅寺湖」の湖畔を歩く4つのコースでは、「ワタスゲ」の白いじゅうたんや、鮮やかな紅色が印象的な「ツツジ」の群生といった数々の花に出合えます。ネイチャーガイドと一緒に、春の奥日光を楽しんでみてはいかがですか。

スポット情報

アドバイスを受けながら美景を撮影!「奥日光写真撮影ツアー」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの3番目の画像

季節の花や自然を楽しみながら、その美しさを写真に収めませんか? 「奥日光写真撮影ツアー」は、人気のフォトコーディネーターが、旬の一枚を映し出すポイントをしっかり伝授してくれます。木々が生い茂る原生林に囲まれた神秘的な湯ノ湖畔を巡り、桜の中では最も標高の高いところに花を咲かせる「タカネザクラ」と、艶やかに咲く「トウゴクミツバツツジ」の、この時期ならではの花の競演を楽しめます。ほかにも、広大な「戦場ヶ原」の湿地に集う「ワタスゲ」と「ズミ」の清らかな情景に心癒やされるコースも。お好みのコースで、自分だけのベストショットを撮影してみてくださいね。

スポット情報

400年の歴史を誇る坑内を巡る「足尾銅山観光」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの4番目の画像

かつて“日本一の鉱都”と呼ばれ、大いに栄えた足尾銅山の通洞坑跡を巡る「足尾銅山観光」。トロッコ電車に乗り全長700mの薄暗い坑道に入っていくと、当時の鉱石採掘の様子を再現している人形が。鉱石から銅になるまでの過程などが展示されている「銅資料館」などの3つの資料館も併設され、近代日本の発展とその功罪を後世に伝える産業遺産として学ぶことができます。また敷地内にはレストハウスもあり、隣接する渡良瀬川河原は晴れた日には水辺で楽しむ人々で賑わいをみせています。

◆場所:足尾銅山観光
◆料金:大人(高校生以上)820円、小・中学生410円、団体割引有(15名以上) ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は、窓口に手帳をご提示いただければ入坑料が無料になります。
◆アクセス:JR「日光駅」「東武日光駅」からバスで約50分
◆TEL:0288-93-3240(足尾銅山観光)

自分だけのオリジナル器づくり「正三窯陶芸体験」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの5番目の画像

足尾銅山観光施設内休憩所では、足尾焼の陶芸体験を行うことができます。もともと、地域おこしのために始まった足尾焼。現在は各窯元がオリジナリティを競っており、やわらかな色合いと独特の温かみが特徴です。コーヒーカップや湯のみ、お皿など種類も豊富。値段も手ごろで、日用品として使うのにもぴったりです。

◆場所:足尾銅山観光施設内休憩所
◆営業時間:窯元:9:00~16:30
体験:午前の部・午後の部(要予約)
休日:不定休
◆料金:500g 1,200円(作り・絵付け・仕上がり)※ほかに施設使用料・送料がかかります
◆アクセス:JR「日光駅」「東武日光駅」からバスで約50分
◆TEL:0288-93-2888

ダムの魅力にはまるかも!? プレミアムな「川治温泉3ダム見学ツアー」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの6番目の画像

ふだんは関係者しか入ることのできないダム内部を見学できるチャンスです。期間限定で、川治温泉周辺の3つのダムを巡る特別なツアーが開催。底板が金網になっている川治ダムのキャットウォーク(管理用通路)はスリル満点! 参加者は通常のダムカードに加え、ツアー限定のプレミアムダムカードがもらえます。ダム愛好家の方はもちろん、そうでない方でも楽しめること間違いなし。

◆場所:五十里ダム、川治ダム、小網ダム ※「川治ふれあい公園」集合
◆開催期間:2019年4月6日(土)~6月30日(日)の土・日9:30~12:00
◆料金:大人3,000円(税込)、中学生以下2,000円(税込) ※対象は小学生以上 ※当日、現金払い
◆アクセス:野岩鉄道「川治湯元駅」下車、徒歩約20分
◆TEL:0288-78-1177(ネイチャープラネット)

新緑を眺めながら優雅なひとときを過ごす「カヌー・カヤック体験」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの7番目の画像

自然を眺めながら、ゆっくりとカヌーやカヤックの体験はいかがですか? 目にも鮮やかな新緑の季節に湖から眺める景色は格別です。小さい子どもからご年配の方まで安心して参加できるコース内容で、初心者でもOK! 愛犬とともに体験ができるうれしいサービスもあります。

◆開催期間(レギュラーシーズン):2019年4月13日(土)~7月31日(水)及び9月2日(月)~11月24日(日)
◆時間:午前の部10:00~12:00(9:30より受付開始)
午後の部13:00~15:00(12:30より受付開始) ※6月~9月 6:00~7:30(早朝の部) ※大人のみ・完全予約制
◆料金:シングルカヤック(1人乗り) タンデムカヤック(2~3人乗り) ※大人3人乗りは不可
大人(中学生以上)5,500円、小学生 4,500円、未就学児 2,000円、犬 1,000円~
※料金には、ガイド料・保険代・消費税が含まれています
※午前・午後の2回開催  ※ご予約は原則として2名さまからとなります
※3歳~70歳の健康な方、初心者・未経験者向けです
◆アクセス:野岩鉄道「川治湯元駅」下車、徒歩約20分
◆申し込み:
1. メール⇒info@nature-planet.com ※完全予約制 ※参加希望日の3日前まで
2. TEL 0288-78-1177 または 080-6678-1117(ネイチャープラネット)※参加希望日の前日まで

いちごなどの春限定グルメを満喫!「鬼怒川・川治温泉まちなか幸せグルメ」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの8番目の画像

鬼怒川・川治温泉のまち歩きついでに、春限定のスイーツやグルメを楽しめるイベントが開催!参加飲食店ではで楽しめるのは、いちごサンドやいちごパフェ、贅沢なかき氷など色とりどりのスイーツたち。どれを食べよう?と目移りしてしまうこと間違いなしです。この期間だけの特別割引なので、見逃さないように要チェック。

◆場所:鬼怒川・川治温泉郷
◆開催期間:2019年4月~6月 ※提供期間は施設により異なる
◆料金:施設により異なる
◆アクセス:鬼怒川温泉:東武鉄道「鬼怒川温泉駅」下車徒歩すぐ
川治温泉:野岩鉄道「川治湯元駅」下車、徒歩約15分
◆TEL:0288-22-1525(日光市観光協会)

歴史ある温泉地で日頃の疲れを洗い流す「川治温泉」

王道から穴場まで!日光アクティビティまとめの9番目の画像

男鹿川と鬼怒川が合流する渓谷にたたずむ「川治温泉郷」。開湯は江戸時代で、会津街道の宿場町として、また湯治の場として古くから親しまれてきました。泉質はアルカリ性単純泉で、神経痛やリウマチなどにおすすめされています。以前は「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称され、特にけがに効能があるともいわれます。新撰組副長の土方歳三が負傷した足を治すため立ち寄った逸話も残る温泉地で、日頃の疲れを癒やしてみてはいかがですか。

◆場所:川治温泉郷
◆料金:施設により異なる
◆アクセス:野岩鉄道「川治湯元駅」下車、徒歩約20分
◆TEL:0288-22-1525(日光市観光協会)

制作協力:日光市
企画編集:ルトロン編集部

関連する記事

おすすめ記事