ルトロン

おでかけ動画マガジン

PR / チームラボプラネッツ TOKYO

POST 2019.05.13

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1

東京都 > 豊洲

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊洲に存在する異世界へのトビラ

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の1番目の画像

「チームラボプラネッツ TOKYO」は、東京・豊洲にオープンした体感型の巨大アート空間。身体ごと作品空間に没入させるという“Body Immersive”をコンセプトとし、7つの大きな作品からなる圧倒的な没入空間が話題を呼んでいます。

館内を進んでいくうちに、だんだんと自分の身体と作品との境界が曖昧に。まるで自分がアート作品の一部であるかのような、美しく不思議な感覚を味わえます。

“水に入るミュージアム”とも呼ばれているように、館内には水を使った作品が多数。さらに色や光の溢れる空間は全体を通してとてもロマンチックで、デートスポットとしてもおすすめです。非日常的な体験が、2人の距離を縮めてくれるはず。

2人のストーリーのはじまりを告げる1本道

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の2番目の画像

エントランスで靴を脱いだら、早速ひとつ目の展示へ。「坂の上にある光の滝 / Waterfall of Light Particles at the Top of an Incline」は、四国の山奥にある自然の滝を使用した作品が原型となっています。

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の3番目の画像

光を当てた水の粒子が生み出す光跡の集合体として、暗闇にくっきりと浮かび上がる滝。そこから流れ落ちる水の感触を両足で確かめながら、一歩一歩ゆっくりと光の滝へと近づいていきます。

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の4番目の画像

実はこの作品、横幅がちょうど大人2人分の広さで作られています。水の中の斜面を2人並んで裸足で少しずつ進んでいくのは、これから2人の冒険が始まるようで、期待に胸がワクワクするはず。ふれそうでふれない手が、少しもどかしい気持ちに。

宇宙のような空間で光のベールに包まれて

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の5番目の画像

薄暗い空間を抜けて出迎えてくれるのは、どこまでも続いていきそうな輝く世界「The Infinite Crystal Universe」。全方位無限に広がる光のドットが、立体的な宇宙空間を表現しています。

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の6番目の画像

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の7番目の画像

この作品では、スマートフォンのエキシビジョンアプリからさまざまな要素を投げ込むことで、空間に新たな変化を生み出せます。人々から多数の影響を受けながら、絶えず新しく創り出されていく光の宇宙は、なんとも幻想的。

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の8番目の画像

どんな美しい変化が起きるのか、予想しながら2人でアイコンをスワイプしてみて。一緒に創り上げていく光の空間に、2人の笑顔もどんどん輝きを増していきそう。

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1の9番目の画像

まだまだ続く「チームラボプラネッツ TOKYO」の作品。一体この先に、どんな素敵な空間が2人を待っているのか。ドキドキが止まりません。

2本目の記事をチェック!

2人の心が近づく瞬間。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.2

2人の心が近づく瞬間。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.2

東京都 > 豊洲

3本目の記事をチェック!

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3

東京都 > 豊洲

出演者プロフィール

飯豊まりえ

1998年1月5日、千葉県出身。

2012年女優デビュー。NHK朝ドラ「まれ」、TBS「花のち晴れ~花男next season~」、テレビ朝日系「スペシャルドラマ 必殺仕事人 2019」などのドラマ出演をはじめ、映画「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>で進藤亜衣役、「名探偵ピカチュウ」でルーシー役の日本語吹替を演じる。2019年秋には映画『いなくなれ、群青』、『惡の華』の公開、初の舞台出演も控えている。

毎週土曜朝には情報バラエティ番組『にじいろジーン』(関西テレビ系)にレギュラー出演中。また、雑誌『Oggi』『MORE』でモデルとしても活躍中。さらに「アパマンショップ」「Veet」など多数のCMや、ニューバランス ウィメンズ ブランドのアンバサダーを務めるなど、様々な広告にも出演中。

磯村勇斗

1992年9月11日生まれ、静岡県出身。

主な出演作に、ドラマ「仮面ライダーゴースト」(EX)、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)、「SUITS/スーツ」(CX)、映画「恋は雨上がりのように」、「ういらぶ。」、「春待つ僕ら」など。

日本テレビ「今日から俺は!!」では、第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」新人賞を受賞。現在、「きのう何食べた?」(TX)、「御曹司ボーイズ」(AbemaTV)に出演中。さらに7月期ドラマ「サ道」(TX)、主演ミュージカル「プレイハウス」8/25〜9/1 (東京芸術劇場プレイハウス)が控えている。

取材協力:チームラボプラネッツ TOKYO

企画編集:ルトロン編集部

スポット情報

関連する記事

人気記事