ルトロン

おでかけ動画マガジン

PR / チームラボプラネッツ TOKYO

POST 2019.05.27

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3

東京都 > 豊洲

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロマンチックで不思議なアートの世界

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の1番目の画像

「チームラボプラネッツ TOKYO」は、東京・豊洲にある巨大アート空間。作品空間に、身体ごと没入する“Body Immersive”をコンセプトとした7つの作品群からなる館内では、テクノロジーの力で生み出された圧倒的な非日常体験があなたを待っています。

感覚をとぎすませながら大きな作品空間を歩いていくうちに、自分の身体と作品との境界がだんだんと曖昧に。周りの人々も同様にアートの一部であるかのような不思議な錯覚さえ覚えます。

全体を通してロマンチックな雰囲気。まるで夢の中に迷い込んでしまったかのような幻想的な世界を楽しめます。デートで訪れれば2人の距離もグッと縮まるかも。

ワクワクがとまらない空間に 2人の笑顔もこぼれる

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の2番目の画像

かき分けたりたたいたりすると色を変化させ、色特有の音色を響かせる、光の球体に埋め尽くされた空間。「意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 - 平面化する3色と曖昧な9色、自由浮遊 / Expanding Three-Dimensional Existence in Transforming Space - Flattening 3 Colors and 9 Blurred Colors, Free Floating」という名の作品です。

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の3番目の画像

気圧と風の動きによって球体は自ら動き、さらに衝撃を受けた球体からさまざまに発色する光が広がっていきます。「朝焼け」や「たそがれ時の空」など曖昧でやわらかな光ならではの色合いにうっとり。

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の4番目の画像

2人で一緒に球体をかき分けながら、作品の変化を楽しみましょう。ワクワクが止まらない空間に、自然と笑顔が溢れます。まるで子どもに戻ったみたいに無邪気にはしゃげる空間です。

ロマンチックな空間で重なる 2人の想い

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の5番目の画像

最後の作品は「Floating in the Falling Universe of Flowers」。空間全体に広がるのは春夏秋冬をそれぞれに彩る花々の嵐。誕生から朽ちていくまでの生命の営みが鮮やかに描かれています。

また、スマートフォンのエキシビジョンアプリから花の宇宙空間に蝶を放てます。この作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれているため、二度と同じ空間を鑑賞することはできません。

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の6番目の画像

2人で寝転がって花々が咲きわたる様子を眺めていると、徐々に身体が浮いているような感覚に。世界に一体化していくうちに、気がついたら重なる手と手。2人だけの世界に没入していきます。いつまでもこの場所でこうしていたい、そんな2人の気持ちもしっかりと重なることでしょう。

2人の想いが重なるとき。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.3の7番目の画像

異世界のような空間から外に出たら、現実世界の2人の距離は確かに縮まっているはず。大切な人と一緒に、あなたも「チームラボプラネッツ TOKYO」を訪れてみてはいかがでしょうか。

1本目の記事をチェック!

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1

2人のストーリーがはじまる場所。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.1

東京都 > 豊洲

2本目の記事をチェック!

2人の心が近づく瞬間。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.2

2人の心が近づく瞬間。「チームラボプラネッツ TOKYO in 豊洲」vol.2

東京都 > 豊洲

出演者プロフィール

飯豊まりえ

1998年1月5日、千葉県出身。

2012年女優デビュー。NHK朝ドラ「まれ」、TBS「花のち晴れ~花男next season~」、テレビ朝日系「スペシャルドラマ 必殺仕事人 2019」などのドラマ出演をはじめ、映画「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>で進藤亜衣役、「名探偵ピカチュウ」でルーシー役の日本語吹替を演じる。2019年秋には映画『いなくなれ、群青』、『惡の華』の公開、初の舞台出演も控えている。

毎週土曜朝には情報バラエティ番組『にじいろジーン』(関西テレビ系)にレギュラー出演中。また、雑誌『Oggi』『MORE』でモデルとしても活躍中。さらに「アパマンショップ」「Veet」など多数のCMや、ニューバランス ウィメンズ ブランドのアンバサダーを務めるなど、様々な広告にも出演中。

磯村勇斗

1992年9月11日生まれ、静岡県出身。

主な出演作に、ドラマ「仮面ライダーゴースト」(EX)、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)、「SUITS/スーツ」(CX)、映画「恋は雨上がりのように」、「ういらぶ。」、「春待つ僕ら」など。

日本テレビ「今日から俺は!!」では、第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」新人賞を受賞。現在、「きのう何食べた?」(TX)、「御曹司ボーイズ」(AbemaTV)に出演中。さらに7月期ドラマ「サ道」(TX)、主演ミュージカル「プレイハウス」8/25〜9/1 (東京芸術劇場プレイハウス)が控えている。

取材協力:チームラボプラネッツ TOKYO

企画編集:ルトロン編集部

スポット情報

関連する記事

人気記事