おでかけ動画マガジン

おでかけスポット

2017年02月10日更新

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪

都立大学にある「Makers' Base」なら、誰でも簡単にオリジナルアクセサリー作りができます。刻印も入れられるので、自分用にはもちろん友達や恋人とペアで作るのにもぴったり♡

初心者でもプロ並みの"リングづくり"ができる!

"世界にひとつだけ"のものづくりが体験できるシェア工房「Makers' Base Tokyo」。専門知識のあるスタッフと一緒に、気軽に好きなアイテムを作れる今話題のスポットです。今回は、刻印もできる本格派”リング”の作り方をご紹介。 目から鱗の意外な工程まで体験できちゃいます♪

デザインとサイズを決めましょう 

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の1番目の画像

ずっと身に付けるものなので、デザインとカラー選びはじっくり行いましょう。次に、はめる指のサイズを測ってリングの大きさを決定します。サイズは、リングの幅や厚み以外に、時間帯や体調によって左右される場合もあるので気を付けてください。

柔らかくして加工する

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の2番目の画像

ガスバーナーを使って、棒状の硬い材料を柔らかくしていきます。金は熱しすぎると溶けてしまうことがあるので、注意しながら作業しましょう。熱した材料を急激に冷やすことで柔らかくなり、加工しやすくなります。

記念日やメッセージなどを入れてみましょう

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の3番目の画像

入れたい文字を専用の道具を使って刻印していきます。リングのサイズやお店によっては、入れることができる文字数が決まっていたり、使用できない記号などもあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の4番目の画像

繋ぎ目を接着する

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の5番目の画像

棒に巻き付けてリング状にし、ハンマーなどでたたきながら、繋ぎ目の隙間を埋めていきます。銀ロウを乗せ、ガスバーナーで溶かしたら接着完了です。

希硫酸につけてリングをきれいにする

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の6番目の画像

完全に接着できたら、希硫酸という液体につけてリングを洗います。

磨いて輝きを出します

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の7番目の画像

ヤスリを使って、酸化物の残りがないか確認しながら丁寧に磨いていきます。キズやヤスリの跡が消えるまでかけていきます。ヤスリは目の粗いものからだんだん細かいものに変えていくと仕上がりがきれいになります。

ひたすら磨いて完成

ワークショップ「Makers' Base」で指輪のハンドメイド体験教室♪の8番目の画像

ヤスリが終わったら、今度はリューターや機械を使って、リング全体がピカピカになるまで磨いていきます。リングの表面に自分の顔が映るまで磨き上げたら完成です!

想いを込めて丁寧に時間をかけるほど、素敵なものが出来上がります。世界にたった一つの特別なリングを、大切な人との記念に作ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「おでかけスポット」に関する人気記事ランキング