おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2017年02月18日更新

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返る

いつでも簡単にできる話題の”顔ヨガ”。気になる部分のやり方を覚えれば、いつでも実践OK! 今回は、まぶたのたるみ、おでこのシワに効果的な顔ヨガをご紹介♪ みるみる顔が若返る顔ヨガ、必見です!

おでこ・眉毛を両手でしっかり押さえておく

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの1番目の画像

おでこに両手を当て、眉毛や額の皮膚をしっかりと押さえます。おでこのシワをのばすため、しっかり両手を当てておくことがポイント! 小指を眉毛部分にある筋肉にしっかり当てると、より効果がアップします。

まぶしいものを見る時のように目を細める

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの2番目の画像

両手でおでこ・眉毛を押さえたまま、まぶしいものを見る時のように目を細めます。目を動かすことによっておでこや眉毛が動くので、シワができないようしっかり両手で押さえながら目を動かしましょう。

まぶたの力を活かして、大きく目を見開く

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの3番目の画像

細めた目を、大きく見開き目をしっかり動かしましょう。眼球を押しだす感覚で、まぶたを使うことがポイント! おでこと眉毛を押さえたまま、目を細めたり見開いたりの動作を何度か繰り返していきます。

ギュっと目をしっかり閉じる

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの4番目の画像

眼球を目の奥に押すイメージで目をギュっと閉じます。目元の動きが激しい時は、おでこや眉毛が動きやすくなるので、両手でしっかり引き延ばすように意識しておきましょう。

まぶたを下げないように黒目を右に寄せる

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの5番目の画像

目を開き、顔は正面を向いた状態で黒目を右にかたよらせていきます。この時つい、まぶたが下がってしまいがちです。まぶたを下げないように気をつけながら、目をしっかり開き視線だけを右向きにします。

黒目をワイパーのように動かす

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの6番目の画像

車のワイパーのように、黒目を右から上、そして左へとゆっくりと寄せていきます。際までよせたら、一度目をギュっと閉じましょう。この時もおでこ・眉毛にシワが寄らないように、両手でしっかり押さえておきます。

黒目を反対方向にも動かす

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの7番目の画像

次は反対方向に、左・上・右と黒目を動かしていきましょう。右へ黒目が動いたら、しっかり目を閉じます。この一連の流れを、目線を下げないように意識しながら何回か行います。

最後は目を閉じ一呼吸

まぶたのたるみ&おでこのシワを解消! ”顔ヨガ”でみるみる顔が若返るの8番目の画像

最後に両手をおでこや眉毛に当て、目は閉じたままの状態で、まぶたの力を抜きましょう。そして一呼吸してリラックスします。目の周り、目の奥がじんわりしてきたらリフトアップの成果が出た証拠です! 

おでこのシワや、まぶたのたるみに効果的な顔ヨガのポイントは、両手でおでこ・眉毛部分をしっかり押さえることです。目の動きで緩みやく、年齢が出やすい部分なので、気になる人は今すぐ実践してみましょう! 

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング