おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2017.02.03 | 公開 2017.02.03

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識

1月21日〜2月3日に「イスム 表参道店」で開催されている「鬼と仏像展」は、知っているようで知らない鬼の謎に迫った企画展。迫力がありながらも、なんだか憎めない作品たちを通して、鬼のルーツに触れました。

節分と鬼の関係って?

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識の1番目の画像

篁千礼特別彩色 イスム TanaCOCORO[掌] 天燈鬼・竜登鬼2体セット

節分といえば、「鬼は外、福は内」のかけ声をかけて豆をまく伝統行事。もともとは“節分”とは季節を分けるという意味です。春夏秋冬ごとにあったのが、次第に1年の始まりである春の節分、つまり立春の前の2月3日頃を指すようになりました。季節の変わり目は体調を崩したりしやすいため、厄災を取り除く目的で、鬼を追い払う風習が始まったと言われているそう。ちなみに豆をまくことについては「魔滅(まめ)」の意味に通じる、炒った豆を使うことは「射る」ことにつながるという説も。

アートを通して鬼の正体に迫る!「鬼と仏像展」

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識の2番目の画像

鬼の陶器立体作品(松本慶一郎氏)

芸術性の高い仏像の展示で人気のイスム表参道店・仏像ワールドギャラリーで開催されている「鬼と仏像展」では、様々な鬼に関する作品が並びます。一見、恐ろしいイメージの鬼も、作品では人間味のある愛らしい姿で私たちを引きつけます。また、展示では、鬼の謎に迫るパネルを展示。鬼は、漂着した西洋人という説や大和民族とは異なる文化を持った辺境の先住民族の蔑称といった説があるなど、知識欲をくすぐる情報が。

鬼はなぜ赤と青? 角や虎の皮の由来は?

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識の3番目の画像

赤鬼(桃) (フィギュア、瀧下和之氏)

昔話に出てくる鬼のイメージといえば、肌が赤く角が生えて、虎の毛皮をまとい、金棒を持った姿。赤鬼・青鬼の色については諸説あり、そのうちの一つは仏教思想において人間が克服すべき煩悩である「貪欲」と「怒り」が、それぞれ赤と青で表現されているというもの。また、鬼が角を持つようになった経緯には、諸説あるそうですが、最もメジャーなのが「鬼門に居座るため」だそう。鬼門にあたる丑寅の方角にいるため、牛(丑)の角をもち、寅(虎)の皮を身につけているのだとか。ちなみに、かの有名な昔話『桃太郎』は、鬼を避けるために鬼門の方角に桃の木を植えたという風習に由来するという説も。

表情豊かな日本家屋の守り神「鬼瓦」も

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識の4番目の画像

鬼瓦家守

鬼瓦と言われる、社寺や日本建築の邪気を祓い、そこに住む家族を守る役割を持った瓦も展示。“鬼師”と呼ばれる職人が丹念に仕上げた鬼瓦は、魂が宿った迫力ある表情で、どことなく鬼師に似た雰囲気が感じられます。空間デザインを損なわないサイズ感なので、本来の用途以外にも、インテリアとして飾っても素敵です。

掲載中の商品は、すべて2月3日までの販売ですが、常設されている仏像にも魅力的な作品が多数あるイスム表参道店・仏像ワールドギャラリー。心を静めるたいときに、ぜひ訪れてみて。

出典:『「仏」と「鬼」の謎を楽しむ本』(グループSKIT著PHP研究所)より一部抜粋。

スポット情報

イスム表参道店

イスム表参道店

東京都渋谷区神宮前5-48-3 サンエムビルB1F、1F

03-6419-7822

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事