おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年02月16日更新

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授

自宅でできる美味しいドリップコーヒーの淹れ方を動画でご紹介!何気なく淹れているドリップコーヒーですが、実は少しのコツでグンと美味しくなるんです!今回は、北千住にあるコーヒー豆専門店「マメココロ」の店主が、こだわりの美味しいコーヒーの淹れ方を教えてくれました♡

ドリップコーヒーに必要なマストアイテム

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の1番目の画像

用意するものは、細口ポット、ドリッパー、ペーパーフィルター、中挽きの豆、落ちてくるコーヒーを受けるサーバー、マグカップの6種類です。豆は入れる直前に挽くとより美味しく仕上がります。

ペーパーフィルターにお湯を注ぐ

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の2番目の画像

たっぷりお湯を沸かし、ドリップに紙とサーバーをセットします。次に、沸かしたお湯を紙全体に注ぎ、道具を温めましょう。このひと手間を加えることで、コーヒーが冷めにくく、美味しい状態で味わえます。

二人分の中挽き豆を入れる

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の3番目の画像

道具を温めたお湯は捨て、中挽き豆を二人分の30g入れます。少しだけ粗めの中挽きがおすすめです。お湯の温度は85℃前後がベスト! 細かく測らなくても、たっぷりめのお湯を沸かしてから2~3分経ったくらいの温度になります。この段階で、マグカップにもお湯を入れて温めておきましょう。

コーヒー豆を蒸らす

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の4番目の画像

粉にゆっくりお湯をかけましょう。全体が湿ったら、20~30秒蒸らします。豆が蒸らされて、どんどん膨らんできます。この「蒸らし」をすることで、コーヒーの美味しい成分がお湯と共に抽出されやすくなります。

お湯をゆっくり注ぐ

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の5番目の画像

次に、お湯を中心から「の」の字を描くようにまわしながら、ゆっくり注ぎます。そして、粉全体がお湯で浸ってしまう前に止め、水位が下がるのを待ちます。その際、お湯を落としきると、上澄みの雑味が出てしまいます。抽出液が落ちきる前に次のお湯を注ぎましょう。細口ポットを使うことで、ゆっくり注ぐことができます。

400mlに達したら完成!

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の6番目の画像

お湯を繰り返し注ぎ、サーバーに溜まったコーヒーが400mlに到達したら出来上がりです。ドリッパーから落ちる最後の数滴は、雑味がたくさん含まれています。お湯が少し残っている段階でドリッパーをはずすのがベストです。

マグに注ぐ

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の7番目の画像

サーバーをゆっくりまわして、コーヒーを混ぜます。マグに入れていたお湯を捨て、コーヒーを注ぎます。二人で素敵なコーヒーブレイクを楽しみましょう♡

美味しさのコツは"リラックス&おもてなし"!?

美味しいドリップコーヒーの淹れ方を、コーヒー豆専門店が伝授の8番目の画像

コーヒーを美味しく淹れるポイントは、技術的なコツだけでなくテンションも関係します。ゆっくりリラックスをして、おもてなしの心を持つことで自然と美味しいコーヒーが出来上がります。あと必要なのは、少しの手間とコツだけ。美味しいコーヒーを飲んで、ほっこりできるひと時を過ごしてみては?♪

スポット情報

マメココロ

マメココロ

東京都足立区千住1-27-1

03-5284-9927

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング