おでかけ動画マガジン

ニュース

2017年02月09日更新

アラサー女子悶絶!! 懐かしいあの「りぼん」の世界に没入♡

乙女の恋愛バイブルともいわれる、月刊少女漫画「りぼん」創刊60周年記念! 東京スカイツリーでは、地上450mの天望回廊にて『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE ®️』を開催中! 3月31日までだから見逃さないで♪

250万人の乙女をときめかせた「りぼん」と東京スカイツリーのコラボで“空キュン”!

アラサー女子悶絶!! 懐かしいあの「りぼん」の世界に没入♡の1番目の画像

人気月刊少女漫画「りぼん」をご存じでしょうか?「グッドモーニング・コール」や「こどものおもちゃ」、「姫ちゃんのリボン」や「ママレード・ボーイ」・・・元「りぼん」読者にとってはタイトルを思い出すだけで、少し甘酸っぱい気分になるのでは。

「りぼん」は今年で創刊60周年。60年間、我々読者に“ドキドキ”を与え続けてきてくれた「りぼん」が、東京スカイツリー®️の最も高い展望台と夢のコラボレーション。この、地上450mで否が応にも“ドキドキ”してしまう!

歩み進めるうちにあの頃の純粋な気持ちに戻っていく♡

まず、天望シャトル(エレベーター)から“空キュン”がスタート! エレベーター内は、各物語のはじまりを感じさせる名場面が装飾や映像で演出されています。いわば、主人公が彼に恋におちるきっかけとなるような場面などなど名シーンが。「りぼん」の世界観へ入っていく期待感をふくらませながら扉が開くと、大きな「りぼん」の表紙フォトスポットがお出迎え。

アラサー女子悶絶!! 懐かしいあの「りぼん」の世界に没入♡の2番目の画像

これは、東京スカイツリーオリジナルフォトスポットで、実は背表紙や価格の表記などにも芸が細かくできているので、要チェック。このテンションをそのまま急上昇させてくれるゾーンが、「恋する望遠鏡」。壁に描かれた3つの漫画の初めてのキスシーンまでのストーリーを読み、展望台の外の景色をバックに“あの彼”の印象的なセリフに胸を高ぶらせながら望遠鏡をのぞくと、とどめのキスシーンが! なかには、何も知らずになにげなく覗いて驚いている来場者も。ドキドキしちゃう演出がいっぱいです。

アラサー女子悶絶!! 懐かしいあの「りぼん」の世界に没入♡の3番目の画像

この他にも様々なゾーンが待ち受けており、来場者をあたたかく懐かしむ気持ちに包みながら、あの頃の純粋な気持ちを取り戻し、ときめきを思い出させてくれます。歩みを進めるうちに、来場者、特に女性のお客さんがまるで、皆少女のようにはしゃいでいるから不思議です。

セットのスペシャルチケットが登場!

東京スカイツリー天望デッキと天望回廊がセットになった入場券に、懐かしの「りぼん」付録風のオリジナルグッズがついた、特別企画入場券のスペシャルチケットが販売されています。販売料金は3,700円。除外日があるので、詳しくはホームページをチェックしてみてください。

アラサー女子悶絶!! 懐かしいあの「りぼん」の世界に没入♡の4番目の画像

最近胸キュンが足りていない方やあの頃の胸キュンが恋しい方へ。東京スカイツリー®️にはきっと、胸キュンの原点が待っているはずです。AR技術を使ったフォトアプリを利用して、ここだけのサプライズ感を演出してくれる仕掛けや、ヒロインになりきれる仕掛けもあるので、来場の際には、スマートフォンを持参することをおすすめします。

取材・文/中野さゆみ

りぼんっ子、大注目! あの名シーンが蘇る♡ りぼんの名作おすすめスイーツ

りぼんっ子、大注目! あの名シーンが蘇る♡ りぼんの名作おすすめスイーツ

ニュース

スポット情報

『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE(R)』

『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE(R)』

〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2

0570-55-0634

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事