おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2017.02.15 | 公開 2017.02.15

文系女子歓喜!ブックカフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」の文学グッズ

目黒にある「BUNDAN COFFEE&BEER(ブンダンコーヒーアンドビア)」は、コーヒーを片手にお気に入りの本を楽しめるブックカフェ。本を楽しんだ後、おみやげに買いたいのが文学にちなんだグッズ! 文学ファンはもちろん、そうでない人でも思わず欲しくなる個性的なグッズがずらり!

日本文学ファンが集う「BUNDAN COFFEE & BEER」

文系女子歓喜!ブックカフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」の文学グッズの1番目の画像

日本近代文学館に併設されたカフェスペース「BUNDAN COFFEE&BEER(ブンダンコーヒーアンドビア)」 は、文学好きにはたまらないブックスポット。約2万冊にも及ぶ蔵書は、どれでも自由に閲覧OK! こだわりのコーヒーと共に、のんびりと読書タイムを過ごせます。

気になる! 思わず手に取りたいグッズがずらり

文系女子歓喜!ブックカフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」の文学グッズの2番目の画像

店内では、文学グッズや家具の販売も行われています。そのなかでも人気が高いのが「植草甚一のバッジ/ 坂口安吾のバッジ(各200円)」 。作家の写真がプリントされた、絶妙な色使いのバッジは、どこかおしゃれな雰囲気が漂います。さりげなく文学ファンをアピールしたいなら、カバンにつけておきたいかも。

お気に入りの本に挟みたい「活字ブックマーカー」

文系女子歓喜!ブックカフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」の文学グッズの3番目の画像

活字をモチーフにした「活字ブックマーカー(700円)」 は、まさに文学カフェならではの商品。活字のフォルムの美しさがそのまま形になり、まるで本から飛び出してきたよう。ひらがなや漢字などバリエーションは多数なので、選ぶ楽しさも。お気に入りの文字を見つけたら思わず手にとってしまいそう!

文学を肌で感じられる「永井荷風Tシャツ」

文系女子歓喜!ブックカフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」の文学グッズの4番目の画像

「永井荷風Tシャツ(2,000円)」 は、明治から昭和にかけて活躍した作家、「永井荷風(ながいかふう)」の姿が大胆にプリントされています。彼のファンならば必ずおさえておきたいオリジナルグッズ。ストリートファッションとも相性が良く、Tシャツとしてもレベルの高い仕上がりです。

グッズで文学を楽しむのも、また趣があるもの。まだ手に入れていないという人は、ぜひ足を運んでみて!

スポット情報

BUNDAN COFFEE & BEER

BUNDAN COFFEE & BEER

東京都目黒区駒場4-3-55(日本近代文学館内)

03-6407-0554

詳細はこちら

【ブックカフェ】小説と食で楽しむ”文学”の世界「BUNDAN COFFEE & BEER」

【ブックカフェ】小説と食で楽しむ”文学”の世界「BUNDAN COFFEE & BEER」

東京都 > 代々木上原 / グルメ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「おでかけ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事