おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.02.07 | 公開 2018.02.07

インスタ生まれの新感覚メニュー!「エッグインクラウドすき焼きうどん」の作り方

甘辛い割り下がしみた牛肉に卵黄をたっぷりとつけて食べる「すき焼き」。老若男女問わず愛される鍋料理の一つですよね。今回、ご紹介するのは、メレンゲをたっぷりと乗せたシュワっ食感が新しいすき焼きうどん。味はもちろん、見た目も可愛いくフォトジェニックなので、鍋パーティーなどでも喜ばれること間違いなしです!

材料(1人分)

インスタ生まれの新感覚メニュー!「エッグインクラウドすき焼きうどん」の作り方の1番目の画像

(具材)
牛肉(すき焼き用)…150g
長ネギ…1/4本
人参…1/4本
焼き豆腐…1/4丁
うどん…1玉
しいたけ…2~3枚
卵白…1個分
卵黄…1個分
牛脂…1個

A
水…200cc
めんつゆ…大さじ3
みりん…大さじ2

1.具材の準備

インスタ生まれの新感覚メニュー!「エッグインクラウドすき焼きうどん」の作り方の2番目の画像

・牛肉を食べやすい大きさにカットする
・長ネギは2㎝幅の斜め薄切りにする
・ニンジンは皮を剥き1㎝幅の斜め薄切りにする
・焼き豆腐は2等分にする
・しいたけは軸を取り、飾り切りにする

2.鍋の準備

インスタ生まれの新感覚メニュー!「エッグインクラウドすき焼きうどん」の作り方の3番目の画像

中火で熱した土鍋に牛脂をひき、牛肉の色が変わるまで炒めたら、Aとうどん、長ネギ、人参、焼き豆腐、しいたけを入れ煮込みます。

POINT!卵白は角が立つまでしっかりと泡立てる

インスタ生まれの新感覚メニュー!「エッグインクラウドすき焼きうどん」の作り方の4番目の画像

ボウルは清潔なものを用意しましょう。卵白は水分、油分などが付着していると泡立たなくなります。卵が古いと角が立ちにくくなる原因にもなるので、なるべく新鮮な卵を用意してください。

3.完成!

インスタ生まれの新感覚メニュー!「エッグインクラウドすき焼きうどん」の作り方の5番目の画像

具材に火が通ったら泡立てた卵白を乗せ、最後に卵黄をそっと乗せて完成です。

また、すき焼きに使うお肉は「牛もも肉」がおすすめ。脂質が少なくさっぱりとした味わいの部位ですが、高タンパクで脂肪の燃焼を助けるLカルニチンを豊富に含んでいます。ダイエット中の方や、筋トレ中の方には特におすすめです。

メレンゲに卵黄とお肉を絡ませて食べると、いつものすき焼きとはまた違う新食感な感覚を楽しめますよ。味キメもめんつゆとみりんでできるので、簡単に作ることができるのも嬉しいですね。

今回は、うどんを入れてすき焼きうどんにしていますが、もちろんうどんを入れずにすき焼きとして楽しむのもOKです!その際は、野菜などの具材を増やして作ってくださいね。SNSから生まれた新感覚のエッグインクラウドは、寒い時期に食べると体が芯から温まる料理です。材料も簡単に手に入るため、ぜひ挑戦してみてください。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事