おでかけ動画マガジン

おでかけスポット

2017年02月16日更新

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選

近頃、パリのホテルシーンは新たな時代を迎えているところ。今熱いパリのエリアに集まる、新世代のホテルを厳選してご紹介しましょう。

パリ歓楽街のスタイリッシュホテル

ピガール & ポワッソニエール(Pigalle & Poissonnière)地区

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の1番目の画像

かつて風俗街として知られていたピガール地区ですが、近頃はセックスショップに代わって、雰囲気あるカクテルバーが増えてきているほか、世界料理のレストランが次々にオープン。新たなる形で注目度を高めています。

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の2番目の画像

オープンしたばかりの「LE PIGALLE PARIS(ル・ピガール・パリ)」は、多様な文化が交差するモンマルトル南部らしい、生粋の地域型ホテル。アーティストやデザイナーをはじめ、このエリアで生活する多様な面々が携わり、客室インテリアはちょっとスキャンダラス。地階の公共スペースは常に賑わっていて、ポールダンスに必要な道具はすべて揃っているという、ユニークなホテルです。

スポット情報

LE PIGALLE PARIS

LE PIGALLE PARIS

9, rue Frochot, Paris, France 9th Arr. (Opéra Garnier/Pigalle)

03-5772-6284

詳細はこちら

客室それぞれにデザイナーのこだわりが

サンティエ & ポルト・サンマルタン(Sentier & Porte Saint-Martin)地区

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の3番目の画像

ボンヌ・ヌーヴェル、サンティエ、ストラスブール=サンドニ……。高級感あるシャンゼリゼや、ボヘミアン・シックなサンジェルマンしか知らない観光客にとっては、行ってはいけない地下鉄駅のように思えるかもしれないけれど、すっかりパリの街に溶け込んだ、新たな定番ホテルがここに。

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の4番目の画像

リトル・エジプトとして知られるこの近辺。そこで以前、織物工場として使われていた建物を改造して出来たのが「HÔTEL EDGAR(オテル・エドガー)」。ユニークな芸術性を見せつつもシックなこのホテルを完成させるにあたって、オーナーは、デザイナーやディレクター、アーティストといった友達の輪に頼ったのだそう。地階にはシーフードに重点を置いた高級ビストロを用意。テラス席はいつ訪れてもビューティフルな若者でいっぱいです。

スポット情報

HÔTEL EDGAR(オテル・エドガー)

HÔTEL EDGAR(オテル・エドガー)

31 rue d'Alexandrie, Paris, France 2nd Arr. (La Bourse)

03-5772-6284

詳細はこちら

ナイトクラブを一流ホテルに改装!

ル・マレ & ボブール(Le Marais & Beaubourg)地区

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の5番目の画像

お洒落なビストロやブーランジェリー、コンセプトショップに並び、近頃マレ地区には素敵なデザイナーズホテルもたくさん集まっています。やっぱり買い物を思い切り楽しむには必要不可欠。パリ市内でも、特に絵になるこの界隈を単純に歩いて楽しむにもやっぱり便利です。

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の6番目の画像

1885年以降、浴場として利用されていた建物を使った「LES BAINS PARIS
(レ バン パリ)」。1980年代からは、アンディ・ウォーホル、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルドやケイト・モスといったセレブも訪れる人気ナイトクラブとして栄えた、歴史あるスポット。2010年、遂にクラブとしての幕は閉じ、大型改装を経て今日は、高級デザイナーズホテルとして新たな一章を綴り始めています。

スポット情報

LES BAINS PARIS(レ バン パリ)

LES BAINS PARIS(レ バン パリ)

7 Rue du Bourg-l'Abbé, Paris, France 3rd Arr. (Le Marais)

03-5772-6284

詳細はこちら

まるでニューヨークのモダンアート!

サンマルタン運河 & レピュブリック(Canal Saint-Martin & République)地区

次はここに泊まりたい! パリの注目エリアの新世代ホテル5選の7番目の画像

若いエネルギーで溢れるこのエリア。今日はこの街の人々の命と願い、自由と団結力を象徴する場所ともなりました。ゆっくりと流れる運河は相変わらず、テラス席で味わうアルフレスコ・カクテルや、アート展オープニングへ訪れる人を見守っています。

Tablet Hotels
監修
Tablet Hotels

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事