ルトロン

おでかけ動画マガジン

POST 2019.09.19

千と千尋の神隠しのモデル九份と思いを込めた天燈上げができる十份の旅

海外

  • 2

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 3

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾旅行VLOG第2弾になります!

今回は千と千尋の神隠しのモデルにもなって有名な九份と自分の願い事や目標を書いて天燈上げができる十份に行ってきました!

まず、2日目の朝は台湾でお洒落なカフェに行きたいと思い、「Woolloomooloo(ウールームールー)信義店」へ行ってきました。
店内は広く、2階建で、テラス席もあります!朝早くから空いているところが少ない中、朝の8時から営業しているので、1日ビッシリ観光に当てるのに最適です!
オーストラリア帰りのオーナーの為メニューもオーストラリアにちなんだものが多く揃えられています!

スポット情報

その次に、タピオカを求め、台北101の近くにある「老虎堂(タイガーシュガー)」へ!
虎の文字が入っているのが目印です!黒糖タピオカミルクが有名で手に取るとびっくり!虎のような模様のように見えます!さらに飲んでびっくり!ハマること間違いないです。
ちなみに僕たちは2日目も3日目も行きました、、僕たちの行った台北101付近のタイガーシュガーは11時開店で少し遅く、朝ごはんを食べてからがちょうどいい時間になりました!

スポット情報

その後、電車に揺られて十份へ!
到着すると天燈を売る人たちにどうですか!と勧誘されますが、線路内の中に入るのは新鮮なので色々見てからでもいいと思います!8色の中から4色まで選ぶことができます!色によって意味が違うので願いや夢によって変えることができます!

線路内だけで飛ばすのではなく、少し中に入っても飛ばせるところがあるので、僕たちはそこで天燈に書いた夢や願いを込めて飛ばしました!綺麗に飛んでいく自分たちの天燈を飛ばすときはとてもワクワクします!

スポット情報

十份からは九份へまた電車で行くことができるのですが、本数が少なくしっかり時間を確認することをオススメします。
僕たちは目の前で電車がいってしまい、1時間駅の横にある「56platform cafe」に行きました!店内は可愛いくて、たまたま入った店なのですが、タピオカなど食事もできるので、電車逃してしまった際には是非!

そして、待ちに待った千と千尋の神隠しのモデルとなった「九份老街」へ!
アクセスが少し悪く、タクシーで行きました!そこまで高くなく、最寄りの駅のタクシー乗り場はきゅうふん!と日本語でも伝わるので、英語などが苦手な方でも安心して行くことができます!
夏休みだったこともあり、人が想像以上に多く中々前に進めなかったのですが、モデルとなった場所を見たときは胸が高まりました!
是非、1度はみなさんにも目で見ていただきたいです!

スポット情報

帰りはまた台北101の地下1階の鼎泰豊(ディンタイフォン)をテイクアウトしました!初日のVLOGを見てくださった方なら分かるようにこれで台湾旅行3回目です、、それくらい美味しい、、

スポット情報

3日目は夕方の便で日本へ帰る予定だったので、ホテルのプールで朝からはしゃぎました!
紹介していませんでしたが、僕たちは台北101が目の前にある「GRAND HYATT 台北」に泊まっていました!駅も近く、台北101も近くて台北観光するにはとてもアクセスのしやすいホテルになります!ジムもプールも無料で利用できるのでみなさんも台北へ行く際は検討してみてください!

スポット情報

プールの後、またタイガーシュガーで黒糖タピオカミルクを飲んで、次に向かったのは、インスタ映え間違いなし小籠包です!どんだけ小籠包食べるんこの2人と思うかもしれないですが、小籠包がなんたって美味しかったんです、、鼎泰豊以外も食べようということでショッピングモール微風信義の4階にある「楽天皇朝(パラダイスダイナシティ)」へ行きました!店員の方もとても親切でした!8色からなる様々な味の小籠包は写真で撮れば可愛い、食べたら美味しいのゆう事なしですね!僕はワンタン麺もおススメします、、

スポット情報

3日間では正直足りないくらい観光地にグルメに盛り沢山の台湾の台北です。
僕たちの観光ルートを参考にしてみてください!そして、みなさんだけの台湾旅行を堪能してください!

台湾は8の数字が縁起がいいとされているのか(本当かはわかりませんが)天燈の色の種類も8種類で「楽天皇朝」の小籠包も8色でした!みなさんも台湾に行った際は他の8も探してみて下さい!

みなさんも今度の旅行は、
台湾の台北どうですか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!

音楽提供:epidemic sound
著者情報@disk_fjwr_

関連する記事

人気記事

このクリエイターの記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!