ルトロン

おでかけ動画マガジン

PR / 花王株式会社

POST 2019.10.03

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!

花王の百貨店ブランド「est(エスト)」

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!の1番目の画像

「est(エスト)」は、花王最先端技術を採用した商品と対話をベースとしたカウンセリングをもって、お客さまの肌悩みにお応えしていく百貨店ブランドです。

「過酷な環境を生きるすべての女性の肌をうるおった状態に保てるようにしたい」そのような想いからお客さまの肌悩みに応える基本ケア品を開発してきました。

そのなかでも、エスト ザ ローションは、砂漠の生命(※1)が生み出す成分が持つ保湿力に着目したエスト究極の化粧水です。砂漠の塩湖でも自らの水分を逃さない極限環境生物(※1)が生み出す成分「エクトイン」。30年以上の独自の保水研究との融合により完成した、「高持続ケラチン保水処方」を採用した貯水(※2)化粧水です。角層細胞のケラチン線維に、うるおいを束縛するように抱え込ませ、ハリあふれる肌へ導きます。

今年も登場! 限定コラボボトル

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!の2番目の画像

20を超えるメディアでランキング1位(※3)に輝いた「エスト ザ ローション」。発売3年目となる今年は、フランス・パリで活躍するアーティスト、〈ナタリー・レテ〉とのコラボレーションが実現しました。

パステルカラーを基調としたパッケージには、素敵なワンピースを身にまとったキュートな猫のイラストが。見た目にも心癒やされるデザインとなっています。

パリで活躍するアーティスト ナタリー・レテ

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!の3番目の画像

フランス・パリで生まれたアーティスト、ナタリー・レテ。彼女の作品はカラフルでかわいらしく、見る人を幸せな気持ちで満たす一方で、どこかシニカルな一面も。その乙女心をくすぐる世界観は、彼女自身の幼少期の思い出や自然のなかから着想を得ているそう。

2児の母でもあり、数多くの著書を持つほか、さまざまなコラボレーションにより世界中で幅広く活動しています。

商品詳細

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!の4番目の画像

エスト ザ ローション ナタリー・レテ 限定デザインボトル

140ml 6,000円(税別・編集部調べ)

10月4日(金)より限定発売

伊勢丹新宿店ではナタリー・レテの原画を展示

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!の5番目の画像

今回の“ナタリー・レテ × エスト ザ ローション”コラボを記念して、伊勢丹新宿店ではナタリー・レテの原画を展示しています。ここでしか見ることのできない原画に、あなたも心躍ること間違いなし。

ハピネスとユーモアがたくさん詰まった彼女の作品は、見る人をまるで子どもの頃に戻ったかのような、自由な気持ちにさせてくれます。お買い物帰りに、ぜひ立ち寄ってみてください。

数量限定でアメニティプレゼントも

さらに、伊勢丹新宿店では「ナタリー・レテ × エスト ザ ローション」限定デザインボトルを購入した方に、ナタリー・レテのサイン入り<エスト>ショッパーをプレゼント! ファンならずともぜひゲットしておきたい、プレミア感満載のアイテムです。

こちらは数が限られているので、この機会をお見逃しなく。毎日頑張る自分へのご褒美に、また親しい友人へのプレゼントにもおすすめです。

※ナタリー・レテのサイン入り<エスト>ショッパーは、伊勢丹新宿店でのみのプレゼントとなります。

※なくなり次第、終了となります。

お近くのエストコーナーにぜひ足を運んでみて

花王「エスト ザ ローション」からパリ生まれのアーティスト、〈ナタリー・レテ〉との限定コラボボトルが発売!の6番目の画像

今しか手に入らない「エスト ザ ローション」限定デザインボトルは、数量限定! ぜひお近くの全国有名百貨店のエストコーナーへ足を運んでみてください。

愛らしい「エスト ザ ローション」限定デザインボトルで、お肌も心もうるおいのある毎日を。

(※1)エジプトの塩湖で発見された Halomonas elongata

(※2)角層のケラチン線維に水分を補い、肌のうるおいを保つ

(※3)2017年 雑誌化粧水部門での受賞など。詳細は公式HPへ

取材協力:花王株式会社

企画編集:ルトロン編集部

関連する記事

おすすめ記事