ルトロン

おでかけ動画マガジン

PR / ロート製薬株式会社

POST 2019.10.09

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)

佐伯チズさんが語る「手」

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)の1番目の画像

顔よりも老化が早いと言われている手。思いのほか、人に見られている部分でもあります。今回はそんな手に注目。

美容家/美肌師/生活アドバイザーなど、美容という分野において広く活躍されている佐伯チズさんならではの視点で、「手」についてお話をしてもらいました。

手は大切にすべき“最高の道具”

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)の2番目の画像

私たちが毎日駆使している手。当たり前のように使っていますが、実は手は無限の可能性を秘めています。手は使い方次第でコテやアイロン、時にはお皿にもおわんにもなることがあります。つまむことやさすること、物を測ることもできてしまうとても便利で器用なもの。

つまり、手は万能であり、最高の道具なのです。さらに佐伯さんは言います。「とくに手のひらは、お肌が一番喜ぶ道具です」と。

手には熱があり、神経も通っており、水分も含んでいます。だからお肌に手を当てると、安心感や気持ち良さがありますよね。気持ち良さを感じるということは、お肌が喜んでいる証拠。なので身体を大切に、手を大切にしてあげてください。

簡単だけど難しい。キレイでいるためのメソッド

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)の3番目の画像

白く、手触りの良い肌の持ち主である佐伯さん。その美肌を維持する秘訣を尋ねました。

キレイの秘訣は「続けること」。大切なのはモノではなく、自分の気持ちです。けれど、飽きてしまったり、ほかのものに目移りしてしまったりと、なかなか続けることができない女性が世の中には多いのが現実。

続けるコツは、心からキレイになりたいと思うと同時に、自分の身体を大事にして、愛して、慈しんであげること。

自分を大切にしてあげることで、自信がつき、キレイへの意識がさらに強くなり、続けることへの活力が湧いてくることでしょう。

佐伯チズさんが考える「手活」

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)の4番目の画像

手もとを美しく保ち、日々をポジティブに過ごすための活動である「手活」。佐伯さんは、今までにない「手活」というワードの“活”の部分に着目しました。

“活”という字には、さまざまな意味があります。手を“活用”する、手を“”活かす”。“活”という部分を自分なりに解釈して、各々に合った「手活」を行うことが、手のアンチエイジングとなり、"老け手"からキレイな手になることにつながっていきます。

「手活」を始める方へメッセージ

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)の5番目の画像

大切なことは、“キレイにすること”と“洗うこと”。手荒れを気にして、手を洗うのをためらう方もいるかもしれませんが、洗っていない手をケアしても、それは本当のケアにはなりません。キレイな手をケアすることで、効果が現れます。

また、忘れてはいけないことがあります。それは、手を大切にすること。手への意識を変えて、大切にすることで肌が変わり、手の所作も変わってきます。手が変われば顔つきも変わり、さらに美しくなることでしょう。自分を大切に、好きになってください。生まれ持った宝物がたくさんあるのだから。キレイにならなくては損ですよ。

商品詳細

手は最高の道具!佐伯チズさんから学ぶ「手活」のススメ(前編)の6番目の画像

メンソレータム オーラ ザ ハンド(AURA the HAND)

販売名:ロートハンドクリーム A

70g / オープン価格

8月31日(土)より、全国のドラッグストアを中心に発売中

使い方:適量を手に取り、手肌をマッサージしながらなじませてください。

取材協力:ロート製薬株式会社

企画編集:ルトロン編集部

関連する記事

おすすめ記事