ルトロン

おでかけ動画マガジン

POST 2019.10.12

史上初の東京産カカオを使ったチョコレート「TOKYO CACAO」が渋谷ヒカリエに登場!

東京都 > 渋谷

  • 4

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 4

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都小笠原村の母島で生産されたカカオ豆を使った史上初のチョコレート「TOKYO CACAO」。2019年10月24日(木)~10月30日(水)までの期間限定で渋谷ヒカリエにて販売されます。東京産のカカオは一体どのような方法で栽培されチョコレートになったのかに注目。

史上初のチョコレート「TOKYO CACAO」とは?

TOKYOCACAO

通常は赤道直下の地域で栽培され、日本ではほとんど栽培されていないカカオ豆。それを東京で栽培する「東京カカオプロジェクト」が2003年から東京都小笠原村母島にて行われ進んでいました。長い年月をかけて収穫した東京産のカカオ豆を使って作られたものが「TOKYO CACAO」なのです。

「東京カカオプロジェクト」について

東京カカオプロジェクト カカオ

「国産カカオの栽培」という強い願いから始まった、当時だれも考えたこともないようなプロジェクト。そもそもカカオは高温多湿の地域でしか育たない植物であり、ましてや東京での栽培など不可能に近いものでした。

土壌づくりから始まったカカオ栽培。何回も何回も改良と工夫を繰り返し、ようやくたどり着いた栽培技術。その集大成がこの「TOKYO CACAO」には詰まっています。

「TOKYO CACAO」の味は「発酵」から

発酵過程

プロジェクト当初は、中々思い通りの味わいが出せず試行錯誤を繰り返していた東京産カカオ。その解決策は発酵方法にありました。カカオはとても繊細な果実なので発酵一つでもかなり神経を注がなければいけなく、その道のりは大変だったそうです。しかし、10年以上の時間をかけようやく製品化にたどり着きました。

「TOKYO CACAO」の魅力的な味わい

カカオ豆

国産カカオだからこそ出せる力強い果実の香りと、マイルドな風味が特徴の「TOKYO CACAO」。収穫されたカカオを新鮮なうちに発酵・乾燥させることで生まれる深みのある味わいを是非味わってみてください。

洗練されたデザインパッケージ

パッケージ

農園からの一貫生産にこだわった特別なチョコレートを最初から最後までゆっくり楽しめるよう、パッケージのデザインにもこだわりが。チョコレートのタブレットが2枚入った缶をスリーブで丁寧に包んだことによって、洗練されたスタイリッシュなデザインに。ギフトにもピッタリのパッケージです。

国産カカオ豆の特別なチョコレート

TOKYO CACAO

いかがでしょうか。史上初の東京産チョコレート。長年の歳月をかけてつくられた至極のチョコレートはあなたの想像を超えること間違いありません。期間限定販売のこの特別なチョコレート是非味わってみてはいかがでしょうか。

イベント情報

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!