おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.01.25 | 公開 2018.01.25

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選

アーティストの思考や世界観を表現した作品を楽しめる展示会。展示会と聞くと壁に飾られた絵画を鑑賞するイメージを思い浮かべる方も多いはず。今回はそんなイメージを覆す展示会の数々をご紹介します。美しい花からゆるふわ癒し系いきもの展まで、都内で話題を呼んでいる展示会にあなたもきっと足を運びたくなりますよ。

音楽とデジタルの融合で春を先取り

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の1番目の画像

「⽇本⼀早いお花⾒を、⽇本橋で。」がキャッチコピーの、花の体験型アート展「FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲」。今回は、デジタルとアナログで”花と舞と⾳楽”を融合させた演出を五感で楽しむことができます。

足を運んだ人がまるで映画の世界に入り込んだような感覚を体験できたり、会場で貸し出されるチェキで花を撮影するとプリントされた花の写真がトリガーとなり、不思議な体験をもたらすなど、様々なギミックで訪れた人たちを驚かせてくれるでしょう。ショッピングエリアでは、作品をイメージしたコラボ商品などを購入することも。会場でしか手に入らない限定商品も見逃せません。

イベント情報

FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲

FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲

2018年01月23日 〜 2018年02月26日

東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 5F 日本橋三井ホール ※エントランスは4F

03-6380-9102

詳細はこちら

ざんねんさに癒さる。「ざんねんないきもの展」

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の2番目の画像

「ざんねんないきもの事典シリーズ」とのコラボで開催されている「ざんねんないきもの展」が、池袋・サンシャイン水族館にて現在開催中です。

生き残るために進化を続けた結果、ちょっとざんねんになってしまった生き物たちを面白おかしく紹介してくれる展示会なので、生き物に詳しくない方でも気軽に楽しめる内容となっています。一生懸命だけど、どこかざんねんな生き物たちや可愛いグッズ&スイーツに癒されてみませんか。

スポット情報

サンシャイン水族館

サンシャイン水族館

東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル屋上

03-3989-3466

詳細はこちら

よく見て確かめて!現代のトリックアートを体感「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の3番目の画像

個展44点の作品を集めた大規模な展覧会「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」が現在、六本木・森美術館で開催されています。

「思い込みや既成概念は、私たちの気づかないくらいに現実認識をコントロールしている」と考えるエルリッヒ氏の作品を目で見て、体感できる展示会は、自分の目で見て判断することの大切さを教えてくれるでしょう。数々のトリックアートは撮影も可能なので、SNS上で共有することも。思い込みに騙されず、曇りなき眼で作品と向かい合ってみてください。

イベント情報

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

2017年11月18日 〜 2018年04月01日

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F、53F

03-5777-8600

詳細はこちら

野生本能を刺激して創造力に活力を!まだ見ぬ力を呼び起こす「野生展」

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の4番目の画像

六本木にて、2018年2月4日まで開催される企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」は、知らず知らずのうちに心の奥底に閉まってしまった「野生」の能力をダイナミックに刺激してくれる展示会です。

人間には、まだ見ぬ力が隠れていると考える人類学者の中沢新一氏。心の基盤にある「野生」の能力を刺激し、創造力を膨らませてくれる展示会で、あなたも『野生の領域』への扉を開けてみませんか。

イベント情報

野生展:飼いならされない感覚と思考

野生展:飼いならされない感覚と思考

2017年10月20日 〜 2018年02月04日

東京都港区赤坂9-7-6 21_21 DESIGN SIGHT

03-3475-2121

詳細はこちら

カラフルと日本文化の融合!創設者の想いを感じる展示会

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の5番目の画像

フィンランドのブランド『マリメッコ(Marimekko)』が、マリメッコデザインと日本文化の融合させた無料展覧会「マリメッコ・スピリッツ-Elämäntapa(エラマンタパ)マリメッコの暮らしぶり」が2018年2月28日まで開催中です。

「カラフルな色で生活を豊かにしたい」と願った創設者アルミ・ラティアの想いがこもったデザインと、日本文化の融合はこれまでにない新しい世界観を作り出しています。日本との共通点も意外に多いフィンランド。サウナ文化や靴を脱ぐ習慣など日本との共通点を感じさせる展示会でもあります。

イベント情報

マリメッコ・スピリッツ-Elämäntapa マリメッコの暮らしぶりー

マリメッコ・スピリッツ-Elämäntapa マリメッコの暮らしぶりー

2017年12月15日 〜 2018年02月28日

東京都江東区新砂1-1-1 GALLERY A4

03-6660-6011

詳細はこちら

そこはかとないパワーを感じる「草間彌生美術館」

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の6番目の画像

芸術家・草間彌生の作品が結集した「草間彌生美術館」。開館を記念した特別展「想像は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」が、2017年10月1日(日)から2018年2月25日(日)まで開催中されます。

代表作から最新作までが展示された美術館は、草間ワールドを余すことなく感じることができるでしょう。88歳になった今でも芸術家であり続ける草間彌生氏の生き様を部屋いっぱいに飾られた作品たちが表現しています。エネルギー溢れる空間にあなたもきっと魅了されるはずです。

イベント情報

草間彌生美術館開館記念展「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」

草間彌生美術館開館記念展「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」

2017年10月01日 〜 2018年02月25日

東京都新宿区弁天町107

(03) 5273 1778 (開館日の11:00~17:00)

詳細はこちら

7組のアーティストが“装飾”で表現。バラエティに富んだ展覧会

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の7番目の画像

7組のアーティストによって表現された「装飾は流転する『今』と向きあう7つの方法」が、東京都庭園美術館にて開催されています。

国籍や年齢、ジャンルも違うアーティストたちが作り出す空間は、“装飾”を軸にさまざまな作品を作り出しました。物の見方や捉え方、育ってきた文化など各々の個性が入り混じるオムニバスな空間は、まさに”今”という時代を表現しています。

イベント情報

装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法

装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法

2017年11月16日 〜 2018年02月25日

〒108-0071  東京都港区白金台5-21-9

03-5777-8600

詳細はこちら

東京駅が美術展!心ゆくまでアートを堪能できる「東京ステーションギャラリー」

新しい感性に出会う冬。ココロが動く都内厳選イベント8選の8番目の画像

東京ステーションギャラリーが30年間にわたって収蔵してきた作品たちを、一度に鑑賞できる「鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます」が、2018年2月12日まで開かれています。

重要文化財に登録された東京駅は、感性が際立つ文化を人々に提供する美術館の顔を併せ持つ駅でもあります。「鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます」では、鉄道の一路線に見立てて絵画が展示されていて、一駅ごとにテーマを変わる構成になっています。

“解らない絵画”の代名詞〈ピカソ〉の絵画4点から伝わるメッセージをあなたも感じてみませんか。旅をするようにテーマの移り変わりを楽しみながら展観することができますよ。

スポット情報

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー

東京都千代田区丸の内1-9-1

03-3212-2485

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事