おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.03.02 | 公開 2017.03.02

やっぱり花より団子! 2017年「甘春堂」の華やかお花見スイーツ弁当「春の宴」

「甘春堂」は京都の老舗和菓子店で、江戸時代に創業以来150年以上愛され続けています。中でも春限定の京風和菓子の花見弁当「春の宴」は、お花見に持って行きたくなる可愛らしい3段の和菓子セットで「甘春堂」でも大人気の商品です。今回は花見弁当「春の宴」について詳しくご紹介します。

「甘春堂」の京風和菓子の花見弁当「春の宴」を堪能しよう

やっぱり花より団子! 2017年「甘春堂」の華やかお花見スイーツ弁当「春の宴」の1番目の画像

京都の老舗和菓子店である「甘春堂」。京都の川端正面角にある本店と豊国神社前の東店、清涼寺前にある嵯峨野店の3店舗があります。一年中食べられる定番のものから、季節限定のものまで幅広く揃えられており、中でも2017年2月9日から発売された春限定の京風和菓子の花見弁当「春の宴」(3,316円)は、「よもぎ餅」「さくら薯蕷(じょうよ)」「花さそう」の3種類の和菓子が楽しめ、見栄えもよく美味しいと話題です。

粒あんをよもぎ入り求肥で包んだ贅沢「よもぎ餅」

やっぱり花より団子! 2017年「甘春堂」の華やかお花見スイーツ弁当「春の宴」の2番目の画像

粒あんの甘みと香り豊かなよもぎが絶妙なハーモニーの「よもぎ餅」です。よもぎ入り求肥の中にはたっぷりの粒あんが入っていて、その周りにはきな粉が贅沢にかけられています。食べやすい小さめサイズなので、口の周りにきな粉が付く心配もありません。11.5cm角の箱の中に9個入っていて、パーティや家族の集まりでも喜ばれる、桜の季節にぴったりな一品です。

やっぱり花より団子! 2017年「甘春堂」の華やかお花見スイーツ弁当「春の宴」の3番目の画像

「さくら薯蕷(じょうよ)」は、桜の風味を感じることができる、ふっくらした柔らかいお饅頭です。薯蕷とは、山芋やつくね芋、大和芋などを指し、薯蕷饅頭とは、薯蕷芋をお饅頭の皮に使い、蒸した和菓子のことをいいます。桜あんを薯蕷芋で包むことで、桜の香りがほのかに漂う、春の風が感じられるお饅頭です。こちらも1箱9個入りとなっています。

色んな味が楽しめる! 可愛らしい3兄弟「花さそう」

やっぱり花より団子! 2017年「甘春堂」の華やかお花見スイーツ弁当「春の宴」の4番目の画像

「花さそう」は、白あんに砂糖やみじん粉などを加えた「練切あん」と、上質な抹茶をふんだんに使った「抹茶あん」、生あんと黒砂糖を混ぜた「黒砂糖あん」の3種類が一度に楽しめる和菓子です。ピンクと緑と茶色の彩り豊かでツヤツヤのお団子が食欲をそそります。お花見のお団子というと、この三色団子を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。1箱に5本入っています。

春のうららかな季節にぴったりの「甘春堂」の京風和菓子の花見弁当「春の宴」。上品な見栄えに、3種類の和菓子が堪能できると人気商品ですので、お花見に行く時の手土産としてもおすすめです。

スポット情報

甘春堂 本店

甘春堂 本店

京都府京都市東山区川端通正面大橋角

075-561-4019

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事