おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.03.07 | 公開 2017.03.07

山菜の美味しい食べ方は?神楽坂「山塞」で食べるべき山菜料理

山菜と言うと春の味と思いがちですが、実はほぼ通年楽しめます。山菜本来の「アク」を楽しむ通の食べ方ができるのが神楽坂の山形郷土料理専門店「山塞」。実は山菜には女性に嬉しい血液サラサラ&美肌効果もあるそうです。

山形郷土料理専門店「山塞」で学ぶ山菜の食べ方

山菜のアクを楽しむには調理法がすべて。素材ごとに湯がいたり揚げたりは、まさに時間との勝負。季節により素材が代わっていくので、一年のうち2週間ほどしか食べられない山菜もあるそう。今回ご紹介する逸品は春までの味覚。春以降のおすすめは、タケノコ、しどけ、みず、だそう。

「タラノメ」の香りを楽しむなら、天ぷらがいちばん!

山菜の美味しい食べ方は?神楽坂「山塞」で食べるべき山菜料理の1番目の画像

さまざまな調理法の中でも、山菜の香りが一番立つのが天ぷら。山菜の王様であるタラノメは、香りと共に春の苦味を。そして想像するほど臭くはない行者にんにくは、歯ごたえも楽しんでください。素材の味を活かすために、塩で食べるのがおすすめです。
タラノメと行者にんにく 各780円。

「うるい」のシャキシャキ感は新鮮なおひたしで

山菜の美味しい食べ方は?神楽坂「山塞」で食べるべき山菜料理の2番目の画像

鮮やかな色やシャキシャキ感を出すには、茹で時間が勝負。山菜一筋に50年のご主人が腕によりをかけた逸品は、目も舌も喜ばせてくれます。
うるい 500円、もって菊 550円。

「ひろっこ」の春を感じさせるピリ辛は酢味噌で

山菜の美味しい食べ方は?神楽坂「山塞」で食べるべき山菜料理の3番目の画像

ちょっとピリ辛でらっきょうの味にも似ているひろっこは、何と言っても酢味噌で食べるのがおすすめ。ついつい日本酒がすすんでしまいます。
ひろっこの酢味噌 500円。

取材・文/伊集院尚子

スポット情報

山塞

山塞

東京都新宿区矢来町82

03-6228-1348

詳細はこちら

神楽坂「山塞」で味わう! 栄養満点・山形の郷土料理

神楽坂「山塞」で味わう! 栄養満点・山形の郷土料理

東京都 > 神楽坂 / グルメ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事