おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

2017年03月18日更新

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!

寒い季節が終わりを迎え、暖かい春がやってくると花粉症に悩む人が多くなります。鼻づまり以外にも、様々な不快症状が現れる花粉症。空手メソッドの花粉症対策ストレッチで花粉から身を守ってみましょう。

親指を曲げて指先をピンと伸ばす

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の1番目の画像

両方の手のひらを顔の位置にあげ、親指だけを折り曲げます。親指以外の指は、ピンと伸ばして揃えた状態にしておきましょう。ストレッチ中は腹式呼吸を意識しながら、指が曲がらないように注意するのがポイントです。

体の前で腕をクロスして肩のストレッチ

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の2番目の画像

親指を曲げたままの状態で、腕をクロスさせます。片方の腕を横に伸ばし、反対の腕で伸ばした腕を自分の胸に引き寄せましょう。くしゃみなどで凝り固まった、肩首まわりの筋肉をほぐすことができます。反対の腕も同様に行いましょう。

腕を真横に伸ばして前後に回す

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の3番目の画像

両手を真横にピンと伸ばし、体全体で「T字」を作ります。親指を曲げて指を伸ばしたままの状態で、クルクルと小さく回しましょう。この時、腕を回すことに力を注ぐのではなく、肩周りの筋肉を使うことを意識してください。

体の軸を意識しながら片腕を後ろに引く

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の4番目の画像

片方の腕を上に上げ、耳の後ろに向かって限界まで引きましょう。もう片方の腕はお腹の前に折りたたみ、全身の軸がブレないよう姿勢を保ちます。どちらの手のひらも、上側に向けておきましょう。

鼻の通りを意識しながら行うのがポイント

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の5番目の画像

限界の位置まで腕を引き上げることで、詰まっている鼻が少し楽になります。ある一定のポイントまで達すると、上げている方の手と逆の鼻づまりが楽になってくるので、そのポイントを見逃さないようにしましょう。

伸ばした腕を敬礼のように折り曲げて下ろす

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の6番目の画像

後ろにピンと伸ばした腕を、手のひらが上に向いたままの状態でゆっくりと下ろします。敬礼をイメージしながら行うと、動きが取りやすくなるでしょう。腕に痛みを感じたりする場合は、無理をせずすぐに中断してください。

空手を意識して左腕を引きながら右腕を下ろす

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の7番目の画像

お腹の前で折りたたんだ左腕を、そのまま体に沿わせながらグッと奥に引きます。それと同時に右腕は刀を振り下ろすようなイメージで、体の中心まで下げましょう。腕を振り下ろす時は、しっかりと口から息を吐き出すようにしてください。

軸がブレないように肩甲骨を動かす

花粉症対策ストレッチで免疫力アップ!の8番目の画像

左腕の引きと右腕の振り下ろしが終われば、再度元の体勢に戻ります。上げ下ろしの運動を交互に行い、肩甲骨をしっかりと動かしましょう。軸を保ちながら行うことで、体温が上昇し、花粉症に負けない体作りを行うことができます。

空手メソッドの花粉症対策ストレッチは、体の軸を崩さないことがポイントです。軸を保つようにすれば、肩甲骨まわりのストレッチにつながり、血流アップも期待できます。体温を上げて、花粉に負けない体を作りましょう。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事