おでかけ動画マガジン

おでかけスポット

2017年03月07日更新

冬の終わりを彩るアートな花火! 「越後妻有 雪花火」

越後妻有の長い冬の終わりを彩る雪花火。第4回を迎える2017年は、3月4日(土)の夜に開催されました。広大な雪原に、参加者が植えた“光の種”からできる光の花畑(高橋匡太「Gift for Frozen Village 2017」)、そこに咲く大輪の花は幻想的そのものの光景です。

一年のうち半分以上が雪に埋もれているという、世界有数の豪雪地・新潟県の越後妻有(新潟県十日町市、津南町)。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む、このエリアを舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。

スノーリゾートならぬ「SNOWART(スノワート)」

冬の終わりを彩るアートな花火! 「越後妻有 雪花火」の1番目の画像

そんな「大地の芸術祭」の里が、今年から雪シーズンへの取り組みを本格化。広大な雪景色に溶け込んだアートが、越後妻有の魅力をさらに掘り起こします。会期は1/14〜3/12まで。メインとなる会場は、十日町市本町の越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、十日町市上野甲の「光の館」、十日町市松之山の「森の学校」キョロロ、十日町市松代のまつだい「農舞台」。そして、3/4(土)には十日町市珠川の“あてま高原リゾート・ベルナティオ”で、今回で第4回目となる「越後妻有 雪花火/高橋匡太『Gift for Frozen Village 2017』—花火と光のアートで彩る、雪の夜、一瞬の光茫—」が開催されました。

約2万9千個のLEDが彩る“光の花畑”と幻想的な雪花火

冬の終わりを彩るアートな花火! 「越後妻有 雪花火」の2番目の画像

豪雪地帯・越後妻有の長い冬の終わりを彩る雪花火。約1週間前から、作家や“こへび隊”と呼ばれるサポーターの人たちが、色とりどりに輝くLEDライトを雪原に植えて、“光の花畑”を出現させます。当日は、参加者ひとりひとりにもLEDの“光の種”が配られ、時間を追うごとに、よりいっそう輝きを増していく様子は、ロマンティックそのもの。打ち上げが始まると、その圧倒的な迫力に誰もが息をのみます。雪上花火としては世界最大の三尺玉が彩る夜空に、花火と雪原の“光の花畑”の鮮やかな光が交互に照らされ、これ以上ない美しいアートを奏でます。

DJによる音楽パフォーマンスや地産の食材を使った屋台も

会場に設置された磯辺行久の作品「豪雪ドーム」では、世界的に活躍しているDJたちによるパフォーマンスも。また、約20の店舗が出店する屋台エリアでは、妻有ポークを使用したカレーうどんや、地元野菜の入った豚汁、十日町さんのお餅が入ったお汁粉など、豊富な食材と温かいおもてなしが味わえました。

イベント情報

「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2017 冬 SNOWART

「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2017 冬 SNOWART

2017/01/14 〜 2017/03/12

新潟県十日町市本町6

025-761-7767

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事