おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

2017年03月13日更新

神社仏閣巡りがさらに楽しくなる! 御朱印集めの基礎知識

まるでアートのような墨文字が美しい御朱印。いただくにあたっては、ルールと知っておくべき常識があります。御朱印は、神聖な神仏とのご縁の証。大人ならではのスマートないただき方をすれば、神仏に褒めていただけるかも。

「御朱印ガール」という言葉も生まれるほど、近年ブームとなっている御朱印。ご祭神やご本尊の分身とも言われている御朱印は、節度を守って、いただきましょう。

マナーを守って! 基本の御朱印のもらい方

神社仏閣巡りがさらに楽しくなる! 御朱印集めの基礎知識の1番目の画像

かつては、写経した「経文」を奉納し、納めた証として授与されるものを「納経・朱印」と言いましたが、現代では参拝の証としていただけるようになりました。御朱印は神社仏閣とのご縁の証なので、参拝の後にいただくのがルール。社務所や納経所で御朱印帳を持参してお願いします。初穂料と呼ばれる代金は、300円から500円が多いですが、お釣りがないように小銭を準備して申し込みましょう。また、神社と寺院の御朱印を同じ御朱印帳に書くことを良しとされないところや、御朱印そのものがないところもあるので、事前の確認がベター。御朱印集めはスタンプラリーではありませんので、それだけを目的として、本来の参拝をないがしろにしてしまっては本末転倒。いただくときは敬虔な気持ちで。

神社の御朱印

神社仏閣巡りがさらに楽しくなる! 御朱印集めの基礎知識の2番目の画像

「参拝」の文字と、神社の名前、参拝日が墨文字で書かれます。基本は人の手によって一枚ずつ筆で書かれますが、お正月などの忙しい時期は「書き置き」と呼ばれる半紙で対応されるところもあります。神社の名前や印が中央にあることが多いのが特徴です。

寺院の御朱印

神社仏閣巡りがさらに楽しくなる! 御朱印集めの基礎知識の3番目の画像

神社と同じく、「参拝」の文字とお寺の名前、参拝日が人の手によって筆で書かれますが、神社とおなじく忙しい時期には「書き置き」となることもあります。神社の御朱印との大きな違いは、真ん中に御本尊の名前や梵字が墨で書かれること。さらに、官寺・勅願寺・総本山・大本山など「寺格」と呼ばれる、寺院の格式を表す等級が記されます。そして、宝印という仏・法・僧の仏教の3つの宝を表す印が押されることもあります。どちらも神仏からの大切な頂き物として受け取りましょう。

取材・文/伊集院尚子

叶えたい願いはどれ? ご利益別・御朱印解説

叶えたい願いはどれ? ご利益別・御朱印解説

ライフスタイル

御朱印集めの第一歩! 自慢したくなるジャケ買い御朱印帳9選

御朱印集めの第一歩! 自慢したくなるジャケ買い御朱印帳9選

ライフスタイル

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事