おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

2017年03月18日更新

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!

和菓子の繊細さを表現するのは職人の高い技術が必要ですが、和菓子の道具を使えば、家でも簡単に手作りの和菓子を楽しむことができます。彩豊かで美しい手作り和菓子を持ち寄れば、ちょっとしたお茶の時間が素敵なひとときになりそうです。

錦玉かんってなに?

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の1番目の画像

錦玉かんは、寒天を溶かして砂糖を煮詰めて作った和菓子のことです。今回は、白こしあんを混ぜた半錦玉かんに色付けをし、梅・富士山・渦巻の3種類を作っていきます。

和菓子道具と言えばKAIストア

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の2番目の画像

和菓子を作る上で難しそうなのが、職人たちが創り出す繊細で美しい形です。今回はKAIストアで販売しているシリコン型を使用します。これを使えば、初心者でも手軽に和菓子を作ることができます。

粉寒天を溶かす

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の3番目の画像

小鍋に水150mlと粉寒天3gを入れ、ダマにならないようによく混ぜましょう。混ざったら火にかけて、沸騰後1分溶かします。グラニュー糖80gを投入し、さらに煮溶かしていきます。

白こしあんを加える

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の4番目の画像

再び沸騰したら、今度は白こしあん120gを加えます。この時、半量ずつ加えてゆっくりと溶かしましょう。全て溶けたら、梅・富士山・渦巻きの3種類を作るために3等分しておきます。

富士山を作ろう

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の5番目の画像

まず初めに富士山を作ります。雪の部分を作るため白こしあんを少量、富士山の型に流し込みます。残りを青色粉で色付けをして、雪部分の上に流し込みます。

渦巻きを作ろう

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の6番目の画像

渦巻きは色付けの作業はありません。渦巻きの型に9分目まで流し込み、その上から甘納豆を入れるだけ。

梅を作ろう

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の7番目の画像

梅を作る時は、型に流し込む前に赤色粉で色付けをしておきます。すべてが赤色に染まったら、梅の型に流し込んでいきます。

室温で冷やす

お家でできる簡単手作り和菓子を作ってみよう!の8番目の画像

それぞれの型に流し込んだら、あとは室温で冷やして固めるだけ。固まったら錦玉かんの完成です。

混ぜて冷やすだけで簡単に仕上がる手作りの和菓子。女子会やパーティの“粋”な手土産にも喜ばれるかもしれません。彩り豊かで美しい形の手作り和菓子。ちょっとしたお茶の時間が素敵なひとときになりそうです。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事