おでかけ動画マガジン

おでかけスポット

2017年03月18日更新

史上最大話題作<スラヴ叙事詩>が大公開 まだ知らぬミュシャが今ここに!

華々しい装飾と柔らかい女性の姿。今でも多くの人に愛されるミュシャの作品群が今春、六本木・国立新美術館へやってきます。なんと今回はチェコ国外での全20点の公開が初となる、ミュシャ晩年の最大作<スラヴ叙事詩>も堂々来日。前代未聞の巨大絵画群に、はっと息を飲むこと間違いなしです。

史上最大話題作<スラヴ叙事詩>が大公開 まだ知らぬミュシャが今ここに!の1番目の画像

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ。豊かな色彩と花や植物の有機的なモチーフ、自由曲線を組み合わせた装飾性の高い絵画は誰でも一度は目にしたことがあるはずです。

史上最大話題作<スラヴ叙事詩>が大公開 まだ知らぬミュシャが今ここに!の2番目の画像

2017年3月8日から国立新美術館で開催となる「ミュシャ展」ではそんな彼の代表作はもちろん、今まで門外不出だった巨大絵画群<スラヴ叙事詩>もとうとうお披露目。今までミュシャが好きだった人も、初めてミュシャを見る人も、見逃すことなかれです!

チェコ国外初公開! <スラヴ叙事詩>全20点 堂々来日

史上最大話題作<スラヴ叙事詩>が大公開 まだ知らぬミュシャが今ここに!の3番目の画像

柔らかな女性と装飾性の高いポスターを描き続けてきたミュシャ。晩年彼は故郷を想い、ミュシャ史上最大作を描き上げました。それが今回の目玉<スラヴ叙事詩>という全20点にも及ぶ作品群。

史上最大話題作<スラヴ叙事詩>が大公開 まだ知らぬミュシャが今ここに!の4番目の画像

近年までチェコ国内のみに限定公開されていた本シリーズが、チェコ国外で初めてそろって公開されます。およそ縦6メートル、横8メートルにも及ぶ大傑作には、彼の故郷チェコとそのルーツであるスラヴ民族への想いが込められています。アール・ヌーヴォーの作風とは異なった写実的な描写にも注目です!

ミュシャといえばコレ! お馴染みの作品も多数

史上最大話題作<スラヴ叙事詩>が大公開 まだ知らぬミュシャが今ここに!の5番目の画像

美しいモチーフと柔らかく妖艶な女性たちが描かれる人気シリーズ<四つの花>(1897年)や<四芸術>(1898年)をはじめ、19世紀末を彩った作品も多数公開中です。ポスターの他にもミュシャの手がけた建築装飾、紙幣や切手、そしてスラヴへの想いが形となった<ヒヤシンス姫>(1911年)など、ミュシャの全貌が明らかに。まだ知らぬ”ミュシャ”を発見してみては?

取材・文/おゝしろ実結

イベント情報

国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業

国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業

2017年03月08日 〜 2017年06月05日

東京都港区六本木7-22-2

03-5777-8600

詳細はこちら

可憐でおしゃれ♡ ミュシャ展限定グッズ3選

可憐でおしゃれ♡ ミュシャ展限定グッズ3選

おでかけスポット

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事