おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.03.14 ・ POST 2018.03.14

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しく

  • 0
  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 19

痺れにくい正座の仕方

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの1番目の画像

長時間にわたって正座しなくてはならない場面では、痺れにくい正座の仕方が重要です。まず、骨盤を立て背筋を伸ばすようにして正座しましょう。

重心を前にして正座する

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの2番目の画像

重心を後ろではなく、前の方に持ってくるようにすると痺れにくくなります。手も前の方に置きましょう。足の親指を重ねるようにするのもポイントです。

<NGな座り方>猫背での正座

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの3番目の画像

重心がかかとに乗り、猫背の姿勢になるのは見た目にも美しくありません。また、足の甲に体重をかけると、足に負担がかかり痺れやすくなってしまいます。常に前に重心を置くことを意識しましょう。

<NGな座り方>ペタンコ座り

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの4番目の画像

左右の足を広げて座るペタンコ座りなら、足を圧迫しないので痺れないかもしれません。しかし、和室でのペタンコ座りはマナー違反です。

<NGな座り方>横座り

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの5番目の画像

主に女性がよくする横座りも、正座の場面ではマナー違反。そのうえ片方の足が圧迫され、痺れてしまうのでおすすめできません。

<痺れ対策>重心を移動させる

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの6番目の画像

同じ姿勢のままでいると足が痺れやすくなってしまいます。正座の最中、左右の重心を移動させるようにしましょう。さりげなくお尻を浮かせるなどして、一か所に体重が集中しないようにするのも効果的です。

<痺れ対策>足の親指を動かす

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの7番目の画像

足の親指を曲げたり伸ばしたりして動かすのもおすすめ。正座の合間に足の親指を動かすことで、少しでも血流を良くし、足の痺れを防止しましょう。

<痺れ対策>つま先を立てて座る

正しい“正座”の仕方を動画でご紹介♡ 長時間でも痺れず凛と美しくの8番目の画像

つま先を立てて座る、跪座の姿勢を取り入れるのも効果的です。つま先から足の甲を浮かせることで、足の圧迫を軽減してくれます。痺れる前に跪座を間に取り入れてみてください。

正座の場面に備えて座り方を身に付けておこう

痺れにくい正座の仕方と、痺れそうになったときの対処法をご紹介しました。正座をしなければならない場面に備えて、普段から正しい座り方を身に付けておきましょう。

和室マナーの基本! 美しい所作で“粋”なおもてなし

和室マナーの基本! 美しい所作で“粋”なおもてなし

大人の嗜み! 意外と知らない“座布団マナー”をマスター

大人の嗜み! 意外と知らない“座布団マナー”をマスター

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

  • 0
  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 19

関連する記事

おすすめ記事