ルトロン

おでかけ動画メディア

POST 2020.03.26

印象派の世界に迷い込む新感覚ミュージアム「Immersive Museum」

東京都 > 品川

  • 6

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 6

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Immersive Museum

2020年4月17日(金)から東京天王洲の寺田倉庫G1ビルにて、日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive Museum(イマーシブミュージアム)」が開催されます。「Immersive Museum」は「没入感」をテーマとして印象派の絵画の世界観を感覚として体験できる新しいミュージアムです。モネやルノワールなどの印象派の代表的な絵画の世界に迷い込んでみては。

“没入感”を味わえる「Immersive Museum」

Immersive Museum

“印象派” IMPRESSIONISMをテーマとする今回の展示では、モネを中心とした印象派名画への没入映像上映で構成されたメイン空間で鑑賞者の世界から一気に印象派の世界へと誘い込みます。数十台のプロジェクターを制御する最新の映像技術で実現される絵画の没入体験は、今までの印象派の意味をいい意味で裏切ってくれるに違いありません。

名画に魂を吹き込むインタラクティブ展示エリア

インタラクティブ展示エリア

インタラクティブ展示エリアは、約1400㎡の巨大空間でImmersive Museumのメインプログラムとなる没入映像体験を楽しんだ後にじっくりと味わえる特別な空間となっています。インタラクティブ展示エリアではまるで絵画が生きているような体験を味わうことができます。

それぞれの作品の前に立つと、絵画が鑑賞者の目線や動作を検知。その動きに応じて絵画の中に描かれた人物や風景がまるで意思をもっているかのように動き出し今までに味わったことが無い鑑賞体験を楽しめます。

【少女イレーヌ】と目を合わせてみよう

少女イレーヌ

印象派の中でも特に美しさが際立つ【少女イレーヌ】。正面から目をそらすように描かれたこの絵画が鑑賞者の視線や向きににあわせて変化し、様々な角度からの表情を楽しむことができます。あなたは【少女イレーヌ】と目を合わせることができるでしょうか。

【ボート漕ぎ】で感じる印象派の“魂”

【ボート漕ぎ】

印象派の特徴が特に際立つ水辺の絵画【ボート漕ぎ】。鑑賞者が目をそらしたとたんに、ボートをこぐ男性が生き生きと動き出します。静止した絵画では味わうことのできなかった印象派の“魂”を感じることができる作品です。

イベント情報

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事