おでかけ動画マガジン

おでかけスポット

2017年05月11日更新

たまには、スマホではなく手紙で気持ちを届けませんか? 文具店「リンデ」のレターアイテム3選

福岡の大濠公園近くにある、”手紙”をコンセプトにした文具店「Linde CARTONNAGE(リンデ カルトナージュ)」。素敵なアイテムが揃えられた店内なら、きっとお気に入りが見つかるはず。とっておきのレターアイテムで、メールを送るのとは少し違った特別なひとときを味わいませんか?

ガラスの質感と滑らかな書き心地に虜♡

たまには、スマホではなく手紙で気持ちを届けませんか?  文具店「リンデ」のレターアイテム3選の1番目の画像

数あるガラスペンメーカーの中でも、根強い人気を誇るドイツのブランド「Cipin(シピン)」。繊細にデザインされたガラスペンの1本1本は、なんと丁寧に手作りによるものです。

お気に入りのインクを見つけたら、ガラスペンの先端部をボトルにイン。くるくるとひねって、溝にインクをからませれば、すらすらと書類1枚ほどは執筆できてしまうという実用性と機能性を兼ね備えた優秀な筆記具です。

万年筆が滑らかに走りだす、とっておきのペーパーアイテム

たまには、スマホではなく手紙で気持ちを届けませんか?  文具店「リンデ」のレターアイテム3選の2番目の画像

せっかくガラスペンや万年筆で手紙をしたためるなら、便箋や封筒にもこだわってみることをおすすめします。

充実したペーパーアイテムのなかでも、一押しは「Linde CARTONNAGE」オリジナルシリーズ。白い紙シリーズの第2弾となる「Lin.02」は、国産ペーパーに特殊な透かしインクを使用し、光にかざすと罫線が浮き出るというセンス溢れる仕組みに。紙に対する店主の想い溢れる1冊です。

世界中にファンの多い、初心者にもぴったりな万年筆

たまには、スマホではなく手紙で気持ちを届けませんか?  文具店「リンデ」のレターアイテム3選の3番目の画像

万年筆というと敷居が高い大人のアイテムだと思いがちですが、万年筆と一言で言ってもその種類は様々です。

「そろそろ万年筆デビューしてみたい」という方にぴったりなのが、ドイツの老舗万年筆メーカー「Pelikan」の万年筆「スーベレーン」。女性の手にもすっと馴染む、やや小ぶりなサイズ感が魅力のひとつで、普段使いにぴったり。日常生活をクラスアップしてくれる特別なアイテムです。

取材・文/ ワタナベユウミ

スポット情報

Linde CARTONNAGE(リンデ カルトナージュ)

Linde CARTONNAGE(リンデ カルトナージュ)

福岡県福岡市中央区大手門1-8-11 サンフルノビル2F-B

092-725-7745

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「おでかけスポット」に関する人気記事ランキング