おでかけ動画マガジン

How To

2017年04月17日更新

寿司職人直伝!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します♪

これを見れば大丈夫!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します。出前や回転寿司ならともかく、いざ高級寿司店へ行っても恥をかかないように、動画でサクッとマスターしましょう。一番マナーの問われるカウンターでのたしなみ方をベースにご紹介します。

TIPS1 最初に予算を相談する

高級寿司店やカウンター寿司にはメニューに値段が書かれていない店舗もあります。
初めてきたお店で何を頼めばよいかわからないときは、最初に予算を告げましょう。
恥ずかしがらずに相談すれば、お店の方は快く乗ってくれるもの。素直な態度が一番です。

値段が書いていない理由

お寿司の主役である魚は、季節や天候によって漁獲量が異なるため、毎日仕入れ値が異なります。
これを「時価」と呼びます。
時価が変わったからと言って、毎日メニューの金額を変えるのは面倒ですよね。

また、お客さんによって金額を変えていたお店もあるようです。
今では口コミサイトの普及により、このようなお店は少なくなっていますが、常連さんには少し値段を安くしたり、嫌なお客さんには値段を高くしたりということもあったようです。

そして、お客さん側への配慮として、金額を伏せる意味もあるようです。
高級寿司店は接待に使われることがあるので、相手側に料金を知られたくないお客さん側の都合を考慮して、値段を伏せるということです。

TIPS2 写真撮影は店主に断ってから

インスタグラムの普及で、お料理の写真を取るのが日常的になり、撮影やシェアを推奨するお店も多くあります。
しかし、格式の高いお寿司屋さんには、一見さんお断りやマナーを重視するお店も多くあるので、しっかりお店側に確認しましょう。

TIPS3 手で食べるときは親指・仲指・人差し指で

触感も美味を構成する大切な要素。
手で食べる時は、お寿司を親指・仲指・人差し指でつかみましょう。
お寿司をひっくり返してから掴んでもマナー違反ではありません。
これは醤油もつけやすく、食べた時にネタが舌の上に乗り、お寿司をより味わえるためです。

寿司職人直伝!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します♪の1番目の画像

TIPS4 箸でもOK

"お寿司は手で食べるもの"と言われることが有りますが、マナー的には手でもお箸でもどちらでもOK!
お寿司を崩さずキレイに食べることが重要です。

TIPS5 醤油をつけるときは、お寿司を横にしてつける

お寿司は横にしてからネタに醤油をつけましょう。

寿司職人直伝!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します♪の2番目の画像

NG:ネタを剥がして醤油につけない

ネタを剥がしてシャリに戻して食べたり、ネタとシャリを別々に食べることはやめましょう。
見た目にも汚いですよね。
せっかく作ってもらったお寿司は壊さずに、口の中で堪能しましょう。

寿司職人直伝!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します♪の3番目の画像

NG:醤油のつけすぎや、シャリに醤油つけるのもNG

たっぷり醤油をつけてしまっては、ネタの味がわからなくなってしまいます。
シャリ側に醤油をつけると、ご飯が醤油小皿に残って、見た目にも汚くなってしまいます。
醤油は少しだけネタにつけてネタの味覚を味わいましょう。

寿司職人直伝!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します♪の4番目の画像

TIPS6 ワサビはネタに乗せる

お寿司に入っているものとは別に添えられているワサビを使う時は、ネタに乗せましょう。
醤油をつける時は、ワサビが混ざらないようにつける方が好ましいです。

寿司職人直伝!お寿司の食べ方やマナーを動画でご紹介します♪の5番目の画像

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「How To」に関する人気記事ランキング