ルトロン

おでかけ動画メディア

POST 2020.05.19

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!

  • 2

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 0

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館が移転・リニューアルし、SOMPO美術館として東京・新宿に開館。なお、当初2020年5月28日(木)の開館予定でしたが、未定となっております。

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!の1番目の画像

1976年に開館し、アジアで唯一ゴッホの《ひまわり》を見ることができる美術館として親しまれてきた東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館。館内には、ゴッホのほか、ゴーギャンやセザンヌ、アメリカ素朴派画家グランマ・モーゼスの作品などを常設で展示しています。

新たに誕生するSOMPO美術館では、西洋絵画や、所蔵する東郷青児などの作品と同時代の近代・現代の美術作品を紹介。オープン時には、常設展示としてゴッホの《ひまわり》を紹介するほか、開館記念展を2期に分けて開催。

開館記念展I:珠玉のコレクション一いのちの輝き・つくる喜び

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!の2番目の画像

“ 珠玉のコレクション一いのちの輝き・つくる喜び ”と題した「開館記念展I」では、見る人に非日常的な感性への気づきを促す約70点の作品を展示。中でも注目は、約10年振りの公開となる自然を愛した日本画の大家・山口華楊の初期の大作《葉桜》。絵画表面の古い腰を除去する洗浄作業など、作品の修復過程を紹介。

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!の3番目の画像

また、 画面の表面に塗布されていた古いニスを除去する洗浄作業を行ったルノワールの《浴女》《帽子の娘》も公開します。

開館記念展II:秘蔵の東郷青児-多才な画家の創作活動に迫る

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!の4番目の画像

「開館記念展II」では、SOMPO美術館が収蔵する「東郷青児コレクション」の中から、東郷の代表的な絵画や彫刻などの作品約50点、関連作家の作品約50点、そして絵筆やイーゼル等の画材や出版印刷物など、未公開品を含む資料約100点を紹介。

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル!の5番目の画像

会場では、優美な女性を描いた東郷の絵画群「青児美人」の代表作が3年ぶりの大規模展示として公開。また、縦2メートルを超える油彩画の大作《リオ・デ・ジャネイロ》を、 大小の下絵、実物大の下絵を転写したキャンバスと並べて展示。その中から、変更や修正などの制作過程を間近で体感できます。

【詳細】

SOMPO美術館
オープン日:未定
※2020年5月28日(木)を予定していたが延期となりました。
住所:東京都新宿区西新宿1丁目26-1
階数:地上6階地下1階

■開館記念展I、II
期間:
・開館記念展I 会期未定
・開館記念展II 2020年7月18日(土)~9月4日(金)
休館日:月曜日(8月10日(月)は開館、 7月6日(月)~7月17日(金)は展示替期間)
料金:一般1,000円、大学生700円、高校生以下無料

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事