ルトロン

おでかけ動画メディア

POST 2020.07.29

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 0

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!

美術館「ヨックモックミュージアム」が2020年10月25日(日)、東京・南青山にオープンします。

ヨックモック・コレクションが楽しめる都市型美術館

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!の1番目の画像

ヨックモック青山本店にほど近い南青山6丁目に誕生する「ヨックモックミュージアム」は、菓子ブランドのヨックモックがコレクションするアート作品などを展示したコンパクトな都市型美術館。館長を務める藤縄利康が精選し、ヨックモックグループが30年以上かけて500点以上収集してきたピカソのコレクションを、様々な企画展を通して紹介。

世界有数のピカソのセラミックコレクション

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!の2番目の画像

同館が所蔵するヨックモック・コレクションは、ピカソのセラミック(陶器)作品を数多く包括的に収集した世界有数のコレクションの一つ。お椀や水差し、食器、大皿など、ピカソが晩年に熟練の職人たちと協働して創り出した、数多くのセラミック作品が含まれています。

■ピカソとセラミック
とりわけ画家としての側面が広く知られるピカソだが、平面の絵画のみならず立体的な彫刻の分野にも関心を寄せており、1937年の大作《ゲルニカ》で世界的な芸術家としての地位を確立した後、セラミック制作に初めて本格的に着手。
フランス南部の小さな村、ヴァローリスのマドゥラ工房で陶芸の魅力に出会ったピカソは、1947年から1973年に死去するまで、工房を運営するラミエ夫妻と緊密に協力しながら、数千点にものぼる作品を制作。初めて扱う素材に苦心したピカソだったが、工房の技術と自身の大胆な発想によって独自の作品群を生み出しています。

「ヨックモックミュージアム」独自のラーニングプログラム

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!の3番目の画像

また、芸術の心理的、精神的な効用にも着目するアートセラピーを応用した参加型のアートセッションや、企画展示に合わせた学芸員の解説や、若手アーティスト、研究者、有識者とのトークセッションなどで最先端のアート情報に触れるレクチャーシリーズなど、アートにまつわる独自のラーニングプログラムも用意しています。

カフェも併設

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!の4番目の画像

美術館の1階には、ピカソがセラミック制作に取り組んだ町の名前に因んで名付けられた「カフェ ヴァローリス」がオープン。ヨックモックグループ内のハイエンドパティスリーブランド「アン グラン」の菓子や、アートを短時間で楽しめるクラフトキットにドリンクと焼菓子がセットになったアート体験型のセットメニューなどが楽しめます。

施設情報

「ヨックモックミュージアム」
オープン予定日:2020年10月25日(日)
開館時間:10:00〜17:00 毎週金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで。
住所:東京都港区南青山6丁目15-1 ヨックモックミュージアム
チケット代:一般:1,200円、大学生・高校生・中学生:800円、小学生以下:無料
※価格は全て税込。
※障がい者手帳の所持者本人と介護者1名は無料。
※大学生・高校生・中学生料金の適用には、学生証等の提示が必要。
休館日:月曜日・年末年始・展示替期間
※ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日。
館内構成:
・2階/地下階 展示室
・1階 カフェ・グッズショップ・ライブラリー
【問い合わせ先】
TEL:03-3486-8000

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事