ルトロン

おでかけ動画メディア

POST 2020.07.18

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!

日本

  • 4

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 0

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チームラボによる新たな常設ミュージアム「チームラボフォレスト(teamLab Forest)」が2020年7月21日(火)、福岡ソフトバンクホークスが福岡​PayPay​ドームの隣に開業する新施設「ボス イーゾ フクオカ(BOSS E・ZO FUKUOKA)」内にオープンします。

チームラボの新ミュージアム「チームラボフォレスト」が福岡に

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の1番目の画像

ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界各地で常設展およびアート展を開催しているほか、2018年には東京・お台場に初の常設ミュージアム「チームラボボーダレス」をオープンするなど、アート・サイエンス・テクノロジー・自然界といった様々な領域を縦横無尽に横断しながら、複数分野のスペシャリストたちによる“集団的創造”を続けるアートコレクティブ、チームラボ。

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の2番目の画像

彼らが新たに創造した「チームラボフォレスト」は、「捕まえて集める森」と「運動の森」という2つのインタラクティブな空間で構成される次世代のミュージアムです。新たな7作品を含む、計10作品が展示されます。

アプリを使って自分だけの動物図鑑をつくる「捕まえて集める森」

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の3番目の画像

「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトとする「捕まえて集める森」では、スマートフォンのアプリを片手に探索し、様々な動物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくることができます。

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の4番目の画像

360度の映像で映し出される作品は、様々な動物が住む幻想的な海と森。動物たちは人間の動きに反応するので、触ることで振り向いたり、逃げたりします。

アプリを使って動物図鑑を充実させよう

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の5番目の画像

まずはアプリ「Catching and Collecting Forest」をダウンロード。アプリのカメラで、壁にいる動物を狙って光の矢を投げ込み、光の矢が動物に命中すると、 動物は壁から消え、 自分のスマートフォンに入ります。

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の6番目の画像

動物の情報は、アプリ上の図鑑でコレクションされます。捉えた動物を、アプリノカメラで見えて居る場所に投げ込むと、リリースされ、その場所に現れるとう仕組みです。また、好きな場所でアプリをタップすれば、足元に罠を張ることも可能。まわりの人と協力しながら、身体を使って動物を罠に追い込んで捉えるのも楽しみの一つ。なお、同じ動物でも捕まえれば捕まえるほど、より詳しい情報が書き込まれていきます。

9つのインタラクティブ体験に出会う「運動の森」

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の7番目の画像

「運動の森」では、「身体で世界を捉え、立体的に考える」をコンセプトにしたその他9作品を展示。いずれもインタラクティブな体験ができる“創造的運動空間”となっています。今回はその中から5作品をピックアップ。

高速回転跳ね球のあおむしハウス

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の8番目の画像

「高速回転跳ね球のあおむしハウス」は、チームラボが開発した、多様な色に光る「高速回転跳ね球」が埋め尽くされた空間。うごめく球体を踏んで、色を変化させ、さらには踏み続けることであおむしを生み出すというものです。

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の9番目の画像

高速に回転しつつ、うごめく光の球体は、人々が近づくと回転が止まります。また、人々が球体を跳んでいくと球体はより輝き、同じ色の球体を連続して踏むと、球体の中が弾けて空間に広がっていきます。さらに同じ色の球体を連続して踏めば、あおむしが誕生。 最後まで連続して同じ色の球体を跳び続けると、空間の全ての同じ色の球体が弾け、空間全体からあおむしが生まれます。

うごめく谷の花と共に生きる生き物たち

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の10番目の画像

「うごめく谷の花と共に生きる生き物たち」は、花々でできた生き物たちが、高低差のある立体的な世界に生息する様子を描く作品。

誕生と死滅を永遠と繰り返し続けながら、生き物を形作り続ける花々。ひとつの生態系を表すこの世界に人々が入ることで、その生態系に変化が生まれます。花々を踏めば散っていき、生き物の花々が散りすぎると、その生き物は死んで消えてしまいます。

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の11番目の画像

なお、作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けており、人々のふるまいの影響を受けながら変化し続けるため、唯一無二の映像に出会うことができます。

タイフーンボールと重力にあらがう呼応する生命の森 - 曖昧な9色と基本の3色

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の12番目の画像

空中を自由に浮遊する光の卵形体(ovoid)が、床と天井に配された空間「タイフーンボールと重力にあらがう呼応する生命の森 - 曖昧な9色と基本の3色」。

光の卵形体は、人に押され倒れると、立ち上がりながら光の色を変え、色特有の音色を響かせる。と同時に、周辺の卵形体も次々に呼応し、光と音の変化は連続していきます。

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の13番目の画像

空間の中央付近にある光のタイフーンボール(球体)は、浮上しており、空間の中ほどを回転しながら浮遊。人が叩いたりして衝撃を受けると、そのタイフーンボールも同じく、色を変化させ、色特有の音色を響かせ、さらにその動きは連続します。

なお、タイフーンボールと光の卵形体は、光だからこそ発色できる曖昧な9色と、青、赤、緑といった基本の3色の計12色で変化。

インビジブルな世界のバランス飛石

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の14番目の画像

「インビジブルな世界のバランス飛石」は、普段見ることのできない微小な生物の世界を、揺れ動く“バランス飛石”に飛び乗りながら渡るというもの。“バランス飛石”は、様々な形をしており、踏むとインタラクティブに変化し、音色を響かせ、さらにその色が微小な生物たちにも連続していきます。

ふわふわな地形のつぶつぶの地層

「チームラボフォレスト」福岡PayPayドーム隣接のボス イーゾ フクオカ内に常設ミュージアム誕生!の15番目の画像

降り注いだ多様な色の粒が立体的な地形に沿って高いところから低いところへと流れ、粒の重なりで地層模様を描く「ふわふわな地形のつぶつぶの地層」。人がいる場所は沈み、その場所に粒が集まります。人々が歩くことで粒は弾けて混ざりあり、地層模様が刻々と変化していきます。色の粒は、朝昼夕夜の「1日」、四季の「1年」、「太陽」「水」「大地」の色彩で変化します。

スポット情報

チケット取り扱い:BOSS E・ZO FUKUOKA公式ホームページ
チケット発売日:2020年7月1日(水)

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事