ルトロン

おでかけ動画メディア

POST 2022.04.06

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」箱根・強羅にオープン!

  • 2

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 0

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」箱根・強羅にオープン!

フラワーアーティストのニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)が手がける庭園「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ(NICOLAI BERGMANN HAKONE GARDENS)」が2022年4月15日(金)、箱根・強羅にオープンします。

2022年4月1日(金)より公式WEBサイトを通じて4月分のチケット予約をスタート、以後は毎月15日より翌月分のチケット予約を受け付け。

ニコライ・バーグマンが手がける庭園が箱根・強羅に誕生

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」箱根・強羅にオープン!の1番目の画像

日本独自の伝統、文化、風土から得られるインスピレーションを最大限に生かしながら、花を通して作り出される様々なデザインや素材を使ったオブジェなど、常に新しい作品を提案し続けているニコライ・バーグマン。

四季折々に彩られる自然を五感で体感

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」箱根・強羅にオープン!の2番目の画像

日本を拠点にしてから20年以上が経つ彼が今回新たに手がけるのは、手つかずの自然がそのまま残る、箱根・強羅の広大な土地を舞台にした庭園。長くに渡って培ってきたフラワーデザインを自然の中に取り入れることで、人と大自然が自然に繋がることが出来るような場所を目指す。

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」箱根・強羅にオープン!の3番目の画像

訪れる度に変化を魅せるのは、大自然ならではの魅力。全てが桜色になる春、紫陽花の美しいグラデーションに包まれる初夏、ススキの銀色が幻想的に現れる秋、そして寒さの中で自然が輝く冬と、四季折々に彩られる自然の美しさとニコライ・バーグマンの感性が共鳴する空間を、五感で体感出来るという。

箱根の素材を楽しむ、スカンジナビアンスタイルのカフェ

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」箱根・強羅にオープン!の4番目の画像

また、園内にはが地元箱根の素材をふんだんに取り入れたスカンジナビアンスタイルのカフェ「ニコライ バー グマン ノム 箱根(Nicolai Bergmann NOMU hakone)」も同時オープン。自然光がたっぷりと降り注ぐ心地よい空間で、サラダやスイーツ、オリジナルドリンクなど様々なメニューが楽しめます。

施設情報

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」
グランドオープン日:2022年4月15日(金)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1323-119
敷地面積:27908m² / 8442.25坪
開園期間:通年営業
開園時間:
[通常期] 開園 10:00〜閉園 17:00
[冬季(12月〜2月)]開演 10:00〜閉園 16:30 予定
入園料:
[大人]事前Web予約 1,500円、現地購入 1,800円(クレジットカード・電子マネー決済のみ)
[学生]事前Web予約 1,100円、現地購入 1,400円(クレジットカード・電子マネー決済のみ)
※チケット予約は公式WEBサイト( https://hakonegardens.jp )より。
※小学生以下は無料。
※園内は全てキャッシュレス決済。
駐車料金:普通車 500円(園内22台)
※チケット購入時に駐車場付きのチケットを要選択。
休園日:毎週月曜定休 / 年末・年始
アクセス:箱根登山電車「強羅駅」下車 箱根登山バス 観光施設めぐりバス(ポーラ美術館経由)
こもれび 坂バス停下車 徒歩 5分

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事