ルトロン

おでかけ動画メディア

POST 2022.08.19

長野・安曇野ちひろ美術館にて“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”開催!

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 0

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長野・安曇野ちひろ美術館にて“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”開催!

展覧会“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”が、2022年9月10日(土)から12月4日(日)まで、長野・安曇野ちひろ美術館の展示室1・2にて開催されます。

展覧会“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”

長野・安曇野ちひろ美術館にて“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”開催!の1番目の画像

絵本画家・いわさきちひろの作品や世界の絵本画家の作品を紹介する長野・安曇野ちひろ美術館。展覧会では、いわさきちひろが多くの表紙を担当した月刊雑誌「子どものしあわせ」「こどものせかい」にフォーカスし、いわさきちひろの想いと画風の変遷、印刷技術の発展を辿る。

代表作が生まれた月刊雑誌「子どものせかい」

長野・安曇野ちひろ美術館にて“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”開催!の2番目の画像

「子どものしあわせ」は、1963年から没する1974年までの12年間、いわさきちひろが表紙を描いた月刊雑誌。“子どもを題材にすること以外どのように描いても構わない”という出版社の依頼から、のびのびと自由に筆を振るい、「木の葉の精」や「スイートピーとフリージアと少女」といった名作が誕生。

印刷技術と共に辿る絵雑誌「こどものせかい」

長野・安曇野ちひろ美術館にて“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”開催!の3番目の画像

1958年から取り組んだ至光社の絵雑誌「こどものせかい」の仕事からは、編集者・武市八十雄が追求した“絵の再現性”が見て取れる。「ぶどうを持つ少女」など、淡く繊細な絵の質感に忠実な印刷技術は、彼女の代表絵本「感じる絵本」シリーズにも応用された。展覧会では、絵雑誌や絵本『ことりのくるひ』の原画も公開されます。

初期作品や歴代「おやゆび姫」も

長野・安曇野ちひろ美術館にて“ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」”開催!の4番目の画像

さらに、駆け出しの画家だった1940年代後半の新聞カットや、絵雑誌のための原画、1950年代の“描き版”による紙芝居の仕事、2色刷りによる『あいうえおのほん』などの作品を展示するほか、繰り返し描いた「おやゆび姫」を年代順に並べて公開。ときどきの印刷技術と、いわさきちひろの画風の関連を紹介します。

【詳細】

ちひろからの定期便「子どものしあわせ」と「こどものせかい」
会期:2022年9月10日(土)~12月4日(日)
時間:10:00~17:00
会場:安曇野ちひろ美術館 展示室1・2
住所:長野県北安曇郡松川村西原3358-24
休館日:水曜日(祝休日開館、翌平日休館)
※11月23日(水)は開館、24日(木)は休館
出展作品数:約90点
料金:大人900円 / 高校生以下無料
※団体(有料入館者20名以上)、65歳以上、学生は700円
※障害者手帳提示者、付き添い者1名まで無料
※年間パスポート3,000円

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事