おでかけ動画マガジン

グルメ

2016年07月09日更新

六本木横丁の「恋酒場」で世界一辛いスペアリブに挑戦!?

「恋酒場」六本木横丁店では辛いもの好きなら食べて欲しい特性スペアリブがオススメ!世界一辛い唐辛子に漬け込んだやみつきになる味。もちろん辛くない料理もどれもオススメです。

六本木横丁店限定! 世界一辛い唐辛子のスペアリブ

六本木横丁の「恋酒場」で世界一辛いスペアリブに挑戦!?の1番目の画像

六本木横丁内の多国籍居酒屋「恋酒場」では、和食、韓国料理、スペイン料理など、さまざまな国の料理を味わうことができます。どれをいただいても個性的で、クセになりそうな味ばかり。名物は「特製スペアリブ」。オーストラリアで収穫されている、世界一辛い唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」をふんだんに使って煮込んだオリジナルのスペアリブは、一口かぶりついた瞬間から舌のヒリヒリが止まらない! それでも、辛い物好きならやみつきになる辛さが口いっぱいに広がります。

ブルーチーズポテサラ、一ヶ月漬け込んだサングリアもおすすめ

六本木横丁の「恋酒場」で世界一辛いスペアリブに挑戦!?の2番目の画像

「辛い物はちょっと苦手」という人には、シンプルに塩・胡椒で味付けした「牛タン焼き」(690円)を、添えられたレモンを好みで絞って召し上がれ。やわらかなお肉をほおばれば、口いっぱいに口福が広がります
一風変わったおつまみとしてオススメなのは、「ブルーチーズポテサラ」(520円)。ブルーチーズ特有のコクが、ポテトと調和してあっさりめな味わいに生まれ変わります。青カビチーズが苦手な人でも、これなら美味しくいただけそう。

六本木横丁の「恋酒場」で世界一辛いスペアリブに挑戦!?の3番目の画像

美味しい料理には、お店こだわりの美味しい自家製酒を。バナナ、グレープフルーツ、桃、オレンジなどを皮ごと一ヶ月漬け込んだ「サングリア(赤)」は、見たままのフルーティさで、さわやかな口当たり。「ウォッカ漬け込み酒(アボカド)」(650円)はトニック割りがオススメ。梅酒のような風味にハマってしまいそうです。
六本木の夜を、美味しいお酒とおつまみで楽しみましょう。

親しみ度 ★★☆
ワイガヤ度 ★★☆
異国度 ★★★

取材・文/有江さとみ(ナナネール!)

スポット情報

恋酒場

恋酒場

東京都港区六本木5-5-1 ロア六本木1F

03-6804-5890

詳細はこちら

富田 育世
出演
富田 育世

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング