おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.06.21 | 公開 2017.06.21

あの食材までピクルスに!?”進化系ピクルス”専門店「idsumi」

毎月21日は「漬物の日」。名古屋市の神社で、供物の野菜をカメに入れて漬物が生まれたことがはじまりだそう。時を超えて大阪一の繁華街・梅田には色鮮やかなビンが並ぶピクルス専門店「idsumi」が誕生。一度味わったら、きっとあなたもピクルスのトリコになるはず!

旬の素材をそのままギュっと閉じ込めた新鮮ピクルス

あの食材までピクルスに!?”進化系ピクルス”専門店「idsumi」の1番目の画像

お店に足を踏み入れると、棚のあちこちに色とりどりのビンが並んでいます。ここは全国でも珍しいピクルスの専門店、「idsumi」。
店名にもなっているidsumi(いずみ)は、大阪泉州にちなんで名づけられました。海と山に囲まれた泉州は、恵まれた土地で美味しく育った農作物が自慢。そんな泉州で採れた新鮮な野菜と果物を、食材のみずみずしさはそのままにピクルスにしました。
泉州特産の水なすをはじめ、ピクルスの種類は常時30種類以上というから驚きです。素材そのものが美味しいからこそ完成する、新鮮なピクルスをお召し上がりください。

ピクルスの概念が変わる? 日本人の舌に合うピクルス

あの食材までピクルスに!?”進化系ピクルス”専門店「idsumi」の2番目の画像

ピクルスというと、酸っぱくて味がキツいから苦手、という方もいるかもしれません。
そこで「idsumi」では、食べやすいピクルスの開発に挑みました。あらゆる試行錯誤の結果、出汁を使って旨みを加えるというアイデアに行きつき、酸っぱ過ぎず食べやすいピクルスを完成させたのです。
合成着色料や保存料を使わず、体にも美味しいピクルス。お漬物感覚で箸休めにはもちろん、お子さまのおやつやヘルシーなおつまみとして食べたい一品です。

楽しみ方も色々! 甘酸っぱい果物ピクルス

あの食材までピクルスに!?”進化系ピクルス”専門店「idsumi」の3番目の画像

おすすめは「フルーツピクルス シトラス3種(810円)」。
グレープフルーツとオレンジ、レモンなどの柑橘類を、はちみつレモン風味のリンゴ酢につけました。
甘酸っぱく、爽やかな後味が特徴で、気分をスッキリさせたいときにピッタリ!果実をそのまま食べるのはもちろん、アイスクリームやヨーグルトと一緒に食べてもOK。
残った酢は炭酸水で割って飲めるので、最後の一滴まで美味しくいただけます。

「idsumi」では、日本人好みに味付けした食べやすいピクルスが揃っています。彩り豊かなピクルスが並ぶ店内は、選ぶ時間も楽しみのひとつになるでしょう。味だけでなく見た目にも可愛いので、お土産や贈り物にもぴったりです。

スポット情報

idsumi 大阪梅田 ルクアイーレ店

idsumi 大阪梅田 ルクアイーレ店

大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ2F

06-6151-1583

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事