ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2017.07.31 ・ POST 2017.07.31

30倍に巨大化した”コップのフチ子”が「エキスポシティ・ニフレル」にやってくる!

大阪府 > 吹田・摂津

  • 1

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 11

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30倍に巨大化した「コップのフチ子」があらゆるところに

30倍に巨大化した”コップのフチ子”が「エキスポシティ・ニフレル」にやってくる!の1番目の画像

コップのフチや身の回りのものにひっかけて遊ぶカプセルトイ「コップのフチ子」。このフチ子の巨大フィギュアが大阪府吹田市にある海遊館「エキスポシティ・ニフレル」に2017年9月3日(日)までの期間限定で登場! その名も「FUCHIKO on the NIFREL」。
最大30倍(150㎝)に巨大化した大型フィギュア全7体が、水槽をはじめ、館内にある3つのゾーンに姿を見せます。フチ子の周りを囲む可愛い生き物たちにも注目です。

ガチャガチャでニフレルの生き物たちをゲットしよう

30倍に巨大化した”コップのフチ子”が「エキスポシティ・ニフレル」にやってくる!の2番目の画像

ここだけでしか手に入らない「コラボガチャ」(1回400円)。2015年に大阪万博公園にオープンした際の第一弾として登場し、今回が第二弾です。
ニフレルの生き物たち全14種類のマスコットが勢ぞろい。どれもキュートでユニークなものばかり。館内の7ヶ所に設置されており、ニフレル独自の展示と巨大フィギュアの融合として新しい空間をつくっています。

生き物たちと近くで触れ合おう

30倍に巨大化した”コップのフチ子”が「エキスポシティ・ニフレル」にやってくる!の3番目の画像

水族館×動物園×美術館を融合した施設「生きているミュージアム『ニフレル』」は、アートを楽しむように生き物や自然の魅力を直感的に感じるための工夫がされています。
1階は「わざにふれる」をテーマに、生き物たちの技を間近で見ることができるよう水槽にも工夫がなされています。イリエワニやメガネモチノウオといった巨大生物は必見です。
2階には水の中で生活する生き物たちにちなんで「みずべにふれる」がテーマです。約150㎝のホワイトタイガー、猛獣や珍しい生き物も。動物たちが遊ぶスペースを併設しているので、自由に動き回る生き物たちを「うごきにふれる」ゾーンで体感できるのも魅力のひとつです。

30倍に巨大化した”コップのフチ子”が「エキスポシティ・ニフレル」にやってくる!の4番目の画像

「FUCHIKO on the NIFREL」のイベントでは、30倍に巨大化されたコップのフチ子を期間限定で見ることができます。また「生きているミュージアム『ニフレル』」では間近で生き物たちと触れ合う体験も。
「エキスポシティ・ニフレル」は大阪モノレールの万博記念公園駅から徒歩約2分です。コップのフチ子とキュートな生き物たちに会いたくなったら、ぜひ期間内に足を運んでみてください。

イベント情報

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事