おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.10.21 | 公開 2016.07.23

昭和にトリップ♪創業昭和13年、谷中のレトロカフェ「カヤバ珈琲」

一度閉店し、この喫茶店に愛着を持つ地域内外の人の支援を得て復活したカヤバ珈琲。古民家のようなレトロな谷中の喫茶店です。

一度閉店し、復活した下町の喫茶店

昭和にトリップ♪創業昭和13年、谷中のレトロカフェ「カヤバ珈琲」の1番目の画像

谷中町の入り口にある、『カヤバ珈琲』。町のシンボルとして、昭和から多くの人に親しまれてきた「喫茶店」です。実は、一度閉店をしましたが、周囲の協力により2009年に当時の面影や人気メニューを残しつつ、新たなデザインを加え、復活したエピソードをご存知でしょうか?

お店の「カヤバ珈琲」という名前は、榧場伊之助さんという創業者の名前が由来となっています。昭和13年に創業して約70年近く営業し、お亡くなりになるまで、ずっと近所の人々の憩いの場所になっていました。

店主が亡くなり閉店状態が続いていたところを、台東区の歴史のある建物を残していく活動をしている「NPO法人たいとう歴史都市研究会」や、銭湯を改装したギャラリー「SCAI THE BATHHOUSE」の有志によって、お店の復活を目指し、2009年9月にリニューアルオープン。

大正5年に建てられた木造の家屋は老朽化した箇所のみ修繕し、看板やイスなど往時の設えを残したこの喫茶店に愛着を持つ地域内外の人の支援を得て、「カヤバ珈琲」が復活しました。

往年の味を忠実に再現した名物のたまごサンド

昭和にトリップ♪創業昭和13年、谷中のレトロカフェ「カヤバ珈琲」の2番目の画像

名物「たまごサンド」(500円)に挟んであるのは、ゆでたまごではなくフワフワのたまご焼き。パンとたまご焼きのみのシンプルな構成ながら、からしマヨネーズや塩の効かせ方が絶妙なやさしい味わい。かじりついた瞬間に、ついほころんでしまう、往年の味を忠実に再現した名物メニューです。

食事と一緒に楽しみたいドリンクも『カヤバ珈琲』オリジナルのメニューが充実しています。創業当時から人気を博している「ルシアン」(500円)はコーヒーとココアが半分ずつミックスされていて、コーヒーが苦手な人もおいしく味わうことができます。

昭和喫茶の思い出が残る、椅子、カウンター、食器等を眺めながら、時代を超越したレトロモダンな空間で、心豊かな憩いのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

取材・文/中島和美

黄金色の至福♪「カヤバ珈琲」の名物玉子サンドで最高に贅沢な朝食を

黄金色の至福♪「カヤバ珈琲」の名物玉子サンドで最高に贅沢な朝食を

東京都 > 日暮里 / グルメ

スポット情報

カヤバ珈琲

カヤバ珈琲

東京都台東区谷中6-1-29

03-3823-3545

詳細はこちら

もり
出演
もり

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事