おでかけ動画マガジン

EDIT 2016.07.24 ・ POST 2016.07.24

東京都 > 日暮里

黄金色の至福♪「カヤバ珈琲」の名物玉子サンドで最高に贅沢な朝食を

  • 0
  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 15

谷中の食材を使った新メニュー

大正5年に建築された出桁造りの町家。その建物で、昭和13年から営業している喫茶店『カヤバ珈琲』。一時閉店の時期もありましたが、2009年にリニューアルオープンし、いまや谷根千の代表的なカフェになりました。閉店前の味を忠実に再現したメニューに新メニューも加えて、新たな歴史を刻んでいます。

黄金色の至福♪「カヤバ珈琲」の名物玉子サンドで最高に贅沢な朝食をの1番目の画像

昔からあるものを大切にしつつ、街全体を活性化させるためのチップスがメニューの随所に見られるのも素敵なところ。例えば、お箸。谷中銀座入り口の「竹細工・翠屋」の竹箸は、繊細な箸先が使いやすい逸品。復活以来、ずっと活躍しています。みつ豆・あんみつの寒天は、谷中・よみせ通り沿いにあるこんにゃくなどの専門店「三陽食品」による手作り。昭和の時代に戻ってしまったかのようなレトロカフェで食べる「あんみつ」(600円)は絶品。お茶付きなのもうれしい! 他にも、生姜のピリリとした辛さが爽やかな「谷中ジンジャー」(500円)には谷中生姜を使うなど、地元・谷根千でとれた食材をふんだんに採用するこだわりがあります。千駄木コシヅカハムのベリーハムを使った肉厚の「ハムサンド」(600円)などの新メニューも人気です!

黄金色の至福♪「カヤバ珈琲」の名物玉子サンドで最高に贅沢な朝食をの2番目の画像

看板メニューは、たまごサンド&ルシアン

ずっと変わらぬ味の「たまごサンド」(500円)は看板メニュー。食パンに厚焼き玉子をはさんだシンプルなサンドウィッチですが、口に入れると卵のフワフワとした食感が口いっぱいに広がってきます。珈琲とココアが半分ずつミックスされた懐かしい飲み物「ルシアン」(500円)など、創業当時からの人気メニューも健在。2階建ての店内の1階はカウンターとテーブル、2階はまるでおばあちゃんの家にきたように和めるお座敷になっているため、子供連れや大人数でも充実した時間を過ごすことができます。自然光がたっぷり差し込む店内で、常連客や散策途中の人々がくつろぐ様子は、まさに谷根千らしい光景。朝昼夜、雨晴によっても表情の変わる空間をぜひお楽しみください。

黄金色の至福♪「カヤバ珈琲」の名物玉子サンドで最高に贅沢な朝食をの3番目の画像

スポット情報

取材・文/中島和美

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

出演:もり
  • 0
  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 15

関連する記事

おすすめ記事