おでかけ動画マガジン

ファッション

2017年07月16日更新

伝統柄から最新柄まで500種類!「むす美」は日本初のふろしき専門店

京都でふろしきを作っている繊維会社が運営する「ふろしき専門店 むす美」が原宿にあります。ふろしきといえば、物を包み運ぶための布という印象ですが、ここに来ればきっとイメージが変わるはず。豊富な種類とふろしき活用法についてまとめました。

京都のメーカーが東京でふろしき文化を発信

伝統柄から最新柄まで500種類!「むす美」は日本初のふろしき専門店の1番目の画像

「ふろしき専門店 むす美」は、京都のふろしきメーカーが運営するふろしき専門店です。明治神宮前駅から多くの人で賑わう明治通りを新宿方面へ進んで、途中で一本路地を入ったところに店舗があります。一面がガラス張りになっているお店は、外からも色とりどりのふろしきが見えます。
幅広い年齢層の女性に人気があり、ふろしきを使ったことがない外国人のお客様も多いそう。現代のライフスタイルにあった「ふろしき」の魅力をモノ+コトとして発信する拠点として注目を集めています。

伝統柄やコラボ柄も!「むす美」の種類豊富なふろしき

伝統柄から最新柄まで500種類!「むす美」は日本初のふろしき専門店の2番目の画像

店内に足を踏み入れると、壁一面に色とりどりのふろしきがディスプレイされている様子が鮮やか。むす美で取り扱っているふろしきは、なんとその数約500種類!
ふろしきと聞くと唐草模様などの伝統柄が思い浮かびますが、ここにあるふろしきの種類は伝統柄だけでなく、グッとくる可愛い柄がたくさん揃っています。

伝統柄から最新柄まで500種類!「むす美」は日本初のふろしき専門店の3番目の画像

また、デザイナーとコラボしたシリーズもあり、品揃えは個性豊か。型染アーティストkatakata(松永武・高井知絵のユニット)とのコラボによる、愛らしくも愉快な動物たちのふろしきは、お弁当を包むのにもぴったり。 ユニークなデザインが国や世代を越えて人気です。

ふろしきの使い方は多種多様、新たな発見が

伝統柄から最新柄まで500種類!「むす美」は日本初のふろしき専門店の4番目の画像

「ふろしき専門店 むす美」の店内には、様々な形に結んだふろしきが飾ってあります。ふろしきの使い方は多種多様であるということが分かります。サイズも色々あり、小さなものは子供のお弁当箱包み(約48㎝)に、大きなサイズ(約100㎝~)はそのままタペストリーにするなど、インテリアの一部としても楽しめます。

伝統柄から最新柄まで500種類!「むす美」は日本初のふろしき専門店の5番目の画像

ふろしきはシーンを選ばず、その日に着る洋服によって使い方をアレンジすることが可能。撥水加工のふろしき「aquadrop」は、アウトドア・雨の時にも使える撥水加工が施されています。濡れた傘を包んだり、急な雨除けにバッグを覆ったりするのにも便利です。13種類のデザインがあり、カラーやテイストも幅広く展開中の人気のシリーズです。
毎月3回『ふろしき講習会』を開催しており、ふろしきの便利な使い方が学べます。結び方次第でバッグにもカンタンに変身するので、是非マスターしてみてください。
「ふろしき専門店 むす美」を訪れれば、ふろしきは現代でも様々な用途に使えるアイテムだということが分かります。日本の美しい生活文化を表現するふろしき。お気に入りを見つけて、日常生活に活用してみてください。

スポット情報

むす美

むす美

東京都渋谷区神宮前2丁目31-8

TEL:03-5414-5678  FAX:03-5414-6788

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ファッション」に関する人気記事ランキング