おでかけ動画マガジン

レジャー・その他

2017年07月17日更新

日本で唯一! 体験型「漢字ミュージアム」で漢字の魅力を再発見

国内初となる「漢字ミュージアム」は、遊びながら漢字に触れることができる体験型の漢字博物館です。普段何気なく目にする漢字ですが、ここでは驚きや新たな発見がきっと見つかるはず。知っているようで知らない奥深い漢字の世界をたっぷりと味わってみては。

教育熱心の京都に誕生した、漢字だらけの博物館

日本で唯一! 体験型「漢字ミュージアム」で漢字の魅力を再発見の1番目の画像

日本で唯一の漢字をテーマにした博物館「漢字ミュージアム」。地域教育の礎として、全国でも先駆けて小学校を設立した地・京都にあります。そんな背景から、かつて中学校があった跡地に建設され、全国の小中学生たちが漢字を学ぶ場所として生まれ変わりました。
小中学生やその家族、修学旅行生が多い中、京都を訪れる一般の観光客や外国人の姿も目立ちます。イベントやワークショップも積極的に開催しており、大阪大学の名誉教授である加地伸行先生の論語講座は2017年8月11日(祝)、9月15日(金)に開講予定。先着順となっているので、興味のある方はお早めにご予約ください。

眺めるだけでもワクワクする展示が盛りだくさん

日本で唯一! 体験型「漢字ミュージアム」で漢字の魅力を再発見の2番目の画像

施設内は「見て聴いて触れる」1階と、「遊び楽しみ学べる」2階で構成されています。遊びながら漢字を学び、関心を高める展示物の数はなんと20以上。
ミュージアムに入るとまず目に入るのが、およそ5万個もの漢字で埋め尽くされた「漢字5万字タワー」。ゆっくりと眺めながら、好きな漢字や初めて目にする漢字を探すのも楽しそうです。お寿司屋さんでよく見かける湯のみの巨大モニュメントは、訪れた人の多くが記念写真を撮るシャッタースポットになっています。

「楽旅」と書いてルトロン?! 創作漢字にチャレンジ

日本で唯一! 体験型「漢字ミュージアム」で漢字の魅力を再発見の3番目の画像

漢字の成り立ちや知識を高めた後にぜひ挑戦して欲しいのが、漢字を作る体験コーナー。漢字を組み合わせて、自分だけの新しい漢字を作ってみましょう。自由な発想と遊び心がポイントです。ほかの人が作ったオリジナル漢字ともぜひ比較して楽しんでください。
ほかにも四字熟語を使ったタッチパネル式のゲームや、クイズに挑戦する漢字回転すしなどがあります。子どもはもちろん、大人もつい夢中になってしまうかもしれません。

勉強するイメージが強かった漢字が、ここまで楽しいものだったとは驚きです。見て触れて体験して、漢字の魅力を再発見できるでしょう。期待を裏切る面白さがある漢字ミュージアム。京都に訪れた際はぜひ遊びに行ってみてください。

スポット情報

漢字ミュージアム

漢字ミュージアム

京都府京都市東山区祇園町南側551番地(京都市元弥栄中学校跡地)

TEL.075-757-8686 / FAX.075-531-0340

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「レジャー・その他」に関する人気記事ランキング