おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.04.09 | 公開 2018.04.09

京都のシンボルがある「法観寺」と石畳の「二年坂」はセットで訪れたい観光名所!

京都というと、お寺や五重塔をイメージする人も多いのではないでしょうか。京都の東山区にある「法観寺(ほうかんじ)」の敷地内にある五重塔は、祇園のシンボル的存在。まさに京都のイメージにぴったりなお寺です。「法観寺」に繋がる「二年坂(にねんざか)」は石畳の美しい坂。京都に来たら併せて訪れたい2つの名所の見どころをご紹介します。

「法観寺」周辺には人気の観光名所が集まります

京都のシンボルがある「法観寺」と石畳の「二年坂」はセットで訪れたい観光名所!の1番目の画像

京都駅から「法観寺(ほうかんじ)」や「二年坂(にねんざか)」へ行く際は、公共交通機関を使う方法とレンタルサイクルや徒歩で行く方法など色々あります。乗り換えなしで近くまで行くならバスがおすすめ。市バスでは京都駅からおよそ20分で到着します。
法観寺・二年坂の周りにも寺院が集中しており、有名な清水寺や三年坂をめぐることも可能です。時間に余裕があれば京都の町を歩きながら法観寺を目指しても、30~40分あれば着くことができます。

京都・祇園のシンボル的存在「法観寺」の五重塔

京都のシンボルがある「法観寺」と石畳の「二年坂」はセットで訪れたい観光名所!の2番目の画像

京都の東山にある「法観寺」は、通称「八坂の塔」とも呼ばれているお寺です。見どころは敷地内にある五重塔。聖徳太子が建てたというのが有力な説とされる五重塔は、坂の上に建っていることもあり、京都の町からも眺めることができるシンボル的な存在です。
参道から「法観寺」に向かう途中で見える景色は、まさに京都のイメージ。五重塔は内部を公開していて拝観することができます。拝観希望の場合は事前の問い合わせがおすすめです。

石畳の坂道がどこから見ても絵になる「二年坂」

京都のシンボルがある「法観寺」と石畳の「二年坂」はセットで訪れたい観光名所!の3番目の画像

清水寺の参道である三年坂と並んで有名な「二年坂」。「二寧坂」とも書く場合もあります。ここの魅力は風情ある石畳。三年坂に比べて、傾斜が緩やかな二年坂の両端には、京都市の伝統的な建造物を保存する地区に選ばれている、大正時代からの建物が並びます。
石畳と古い町並みの組み合わせは、どこから見ても絵になります。二年坂のもう一つの魅力は、坂沿いに軒を連ねる土産物屋です。京都名物や可愛らしい雑貨をそろえるお店は観光客に人気。ゆっくりと坂を歩きながらお土産を選ぶのもおすすめです。
法観寺と二年坂は、観光パンフレットやテレビでも取り上げられている名所です。五重塔から見える石畳の二年坂、そして二年坂から見上げる五重塔はどちらも京都らしい風景。法観寺を参拝した後は二年坂でお土産物を見たり、甘味処でひと息ついたりしてみるのも良いでしょう。

スポット情報

法観寺

法観寺

京都市東山区清水八坂上町388

075-551-2417

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事