おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.08.03 | 公開 2018.04.14

家康ゆかりの名城! 京都が誇る世界遺産「二条城」の魅力とは?

世界遺産にも認定されている「二条城(にじょうじょう)」は、海外の観光客からも人気のスポットとなっています。古い町並みが印象的な京都市中京区に位置しており、公共交通機関を使ってのアクセスもしやすいスポットです。今回は観光名所としても知られる「二条城」の魅力にせまります。

「二条城」は徳川家康が旅の疲れを癒した場所

家康ゆかりの名城! 京都が誇る世界遺産「二条城」の魅力とは?の1番目の画像

1603年に完成して以来、様々な人々を迎えいれてきた「二条城(にじょうじょう)」。徳川家康が京都を訪れる際の宿として利用する目的で築城の指示が出され、西日本にいる諸大名たちによって実行に移されます。
京都の街中にある「二条城」は、皇室の離宮や京都府の府庁としても役割を果たしてきました。家康ゆかりの城は、長い年月をかけ人々の暮らしを支える存在となっています。

「二の丸御殿」は国宝にも指定されている観光スポット

家康ゆかりの名城! 京都が誇る世界遺産「二条城」の魅力とは?の2番目の画像

東大手門から入って右斜め前方向にあるのが、国宝にも指定されている「二の丸御殿」です。唐門と呼ばれる入口から中へ入ると、豪華な装飾が施された車寄が目の前に広がります。
欄間に見えるのが、裏と表で絵柄に変化の付けられた細かい彫刻です。昔の職人たちによって作られた「二の丸御殿」には、現代の技術をもってしても追いつかないような手の込んだ技術が詰め込まれています。

三種類ある庭園世界各国からも注目を集める存在に

家康ゆかりの名城! 京都が誇る世界遺産「二条城」の魅力とは?の3番目の画像

敷地が広いお城としても知られる「二条城」には、計3つの庭園が存在しています。江戸時代に作られたとされる「二の丸庭園」、明治時代に作られた「本丸庭園」、昭和に入ってから作られた「清流園」は、二条城にとって欠かせない存在です。
2005年にはアメリカの専門誌で「清流園」と「二の丸庭園」が取り上げられたことから、世界中の庭園ファンからも注目の的となっています。敷地面積の広いので、歩きごたえ満点の観光スポット。京都を訪れる際は必ず足を運びたい、歴史的観光名所です。
京都市営地下鉄東西線の二条城前駅下車。自然の多さも、四季の変化を感じるのにもぴったりの場所。家康が生きた時代に触れ合うことのできるお城です。

スポット情報

元離宮二条城

元離宮二条城

京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

075-841-0096

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

関連する記事

おすすめの記事