おでかけ動画マガジン

レジャー・その他

2017年07月04日更新

ビニ傘に差がつく!原宿「むす美」の風呂敷で作るお手軽「傘カバー」

原宿の「むす美」にある「アクアドロップ(aquadrop)」は撥水加工のふろしきです。大事なバックを雨から守るだけでなく、ビニール傘を包めば手軽にかわいい傘に変身します。ビニール傘をかわいくアレンジできる、ふろしきの包み方をご紹介しましょう。

撥水加工ふろしきの「アクアドロップ」が傘カバーに変身!

ビニ傘に差がつく!原宿「むす美」の風呂敷で作るお手軽「傘カバー」の1番目の画像

「むす美」は、2005年2月に日本初のふろしき専門店として、原宿にオープンしました。
それ以来、バリエーション豊かなふろしきを販売しながら、現代のライフスタイルにあった“ふろしきライフ”の魅力を発信し続けています。
今回は、数ある中でも特徴的な「アクアドロップ」の活用アレンジをご紹介します。撥水コーティングにより水をはじく「アクアドロップ」は、雨の日には傘カバーとして大活躍!気分も晴れ晴れした気持ちになる可愛いふろしきアレンジです!

三角に畳んだふろしきの間に傘を入れる

ビニ傘に差がつく!原宿「むす美」の風呂敷で作るお手軽「傘カバー」の2番目の画像

机など平らなところでふろしきを広げて、三角折りをしましょう。二つの角が机からはみ出しても大丈夫です。そして三角の中心に、傘をふろしきで挟むように入れましょう。傘の持ち手は、ふろしきにかからないようにするのがコツ。

傘を中心に端をズラして折る

ビニ傘に差がつく!原宿「むす美」の風呂敷で作るお手軽「傘カバー」の3番目の画像

挟んだ傘を中心にして、残りの両端の角が重ならないように、ズラして折ります。このとき中心の角も少しズレますが、気にしなくて大丈夫です。傘は横に向けると、このあとの手順がやりやすくなります。

そのままくるくる巻いていく

ビニ傘に差がつく!原宿「むす美」の風呂敷で作るお手軽「傘カバー」の4番目の画像

傘を持ってそのまま手前からくるくると巻いていきます。傘とふろしきが緩くならないように、下側と真ん中の方を持って巻いていきましょう。最後まで巻きこまず、結べるだけの布を残しておきます。

傘の中心と手元部分を真結びする

ビニ傘に差がつく!原宿「むす美」の風呂敷で作るお手軽「傘カバー」の5番目の画像

巻き終わりの下の方を、手前に持ってきて両端を真結びにします。真結びとは、左手を前に右手を奥にして中央で結び、手前にきた布を内側に倒し奥側を上から被せ、輪を通した結び方。上の部分も真結びにします。

「アクアドロップ」を使えば普通のビニール傘が、簡単にかわいい傘に変身します。雨で濡れた傘で周りを汚してしまわないので便利ですね。みんなとは違った傘のアレンジを楽しんで、憂鬱な梅雨を乗り切りましょう!

スポット情報

むす美

むす美

東京都渋谷区神宮前2-31-8

03-5414-5678

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「レジャー・その他」に関する人気記事ランキング