おでかけ動画マガジン

ニュース

2017年07月06日更新

移動する至福空間! 西武 旅するレストラン「52席の至福」で行く秩父への旅

西武鉄道のレストラン列車、西武 旅するレストラン「52席の至福」は、臨時電車として、土日・祝日に年間100日ほど運行中です。定員52名限定の車内では、美味しい食事と秩父の美しい景色が堪能できます。池袋・西武新宿~西武秩父の間を走る、ゆったりとした空間の観光電車をご紹介しましょう。

電車の外観は秩父の四季と荒川の水をイメージ

西武 旅するレストラン「52席の至福」は、池袋・西武新宿~西武秩父の間を運行している臨時電車です。「52席の至福」という名の通り、52名限定でこの電車ならではのくつろぎや特別感を楽しむことができます。
ブランチコースは10,000円(税込)、ディナーコースは15,000円(税込)。記念日などにもおすすめの、”これぞ大人の旅”が楽しめます。
電車の外観は、西武鉄道沿線の代表的観光地である秩父の四季と、秩父を流れる荒川の水をイメージ。1号車から4号車まで、秩父の桜や山の緑、紅葉などを絵によって表現しています。

沿線の伝統工芸品を使用した落ち着いた色調の内観

移動する至福空間! 西武 旅するレストラン「52席の至福」で行く秩父への旅の2番目の画像

電車内はエレガントで、落ち着いたイメージ。ここでも秩父の自然がイメージされたインテリアが揃います。
インテリアの一部には沿線の伝統工芸品や木材を使用。天井に使用している素材は車両によって異なります。ダイニングとなっている2号車と4号車は窓が大きくとられており、車窓から秩父の自然が堪能できる空間です。
3号車はキッチン車両で、オープンキッチンと共にバーカウンターも設置。シェフが作る料理を間近で見ることも可能です。

著名なシェフ監修の美しすぎるコース料理

「52席の至福」の中で提供される料理は、著名なシェフが監修するコース料理です。メニューは季節ごとで異なり、それぞれ違うシェフが登場します。
今回選ばれたのは、日本最大級の料理人コンベンション「RED U-35」で受賞した、新進気鋭のシェフ3名。
彼らがそれぞれ監修する和洋中が揃った料理はとても華やかで目にも美しく、旅気分をさらに盛り上げます。
各テーブルの進み具合を見ながら良いタイミングで料理が運ばれてくるため、出来立ての料理が味わえるのも嬉しいポイントです。

都心を出発し、どんどんと変わっていく車窓の景色を眺めながら美味しい料理が味わえる、「52席の至福」。秩父方面へ旅行の際にはぜひ一度乗車してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ニュース」に関する人気記事ランキング