おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.07.08 | 公開 2017.07.08

迫力の28cm! くいだおれ太郎も驚く「タローズパーラー」のキャンディツリー

テイクアウト専門のフルーツパーラーとして、大阪一の繁華街・道頓堀に新しく登場した「TARO's PARLOR(タローズパーラー)」。目玉商品の、高さ28cmの巨大なフルーツ飴は存在感とインパクト抜群! 大阪の新名物候補ナンバーワンの呼び声高い、キャンディツリーの魅力に迫ります。

くいだおれ太郎のピクニック! ユーモア満載のお店

迫力の28cm! くいだおれ太郎も驚く「タローズパーラー」のキャンディツリーの1番目の画像

カラフルなロゴと店頭に並べられたさまざまなフルーツがひと際目を引く、タローズパーラー。大阪といえば思いつく人も多いであろう「くいだおれ太郎」が立つ、中座くいだおれビル1階の一角に登場しました。
入口や壁を設けない開放的な店づくりのコンセプトは「太郎ちゃんのピクニック」。看板と床の材質には芝生を利用し、看板にはフルーツ飴が数えきれないほど飾ってあり、誰でも気軽に入れそうな楽しい空間を演出しています。

グルメタウン道頓堀の定番スイーツを目指して

迫力の28cm! くいだおれ太郎も驚く「タローズパーラー」のキャンディツリーの2番目の画像

道頓堀は、大阪観光には欠かせないスポットとして有名で、国内外の観光客や地元の大阪人がたくさん集まり、大阪屈指のグルメタウンの街と認識されています。
しかし実は、スイーツで定着しているものはそこまで多くはありません。その中でフルーツの魅力をもっと伝えたいという思いから「タローズパーラー」は誕生しました。
現在は流行に敏感な20~30代の女性を中心に賑わっていますが、今後は幅広い世代に愛されるお店を目指しています。

味も見た目も大物級! 特大サイズのフルーツ飴

迫力の28cm! くいだおれ太郎も驚く「タローズパーラー」のキャンディツリーの3番目の画像

お店の一押しは、見た目のインパクトが抜群の「キャンディツリー」(550円)。その大きさは約28cmとかなりのビッグサイズです。国産のフルーツをマシュマロと一緒に串に刺して、パリパリ食感の飴でコーティングしています。
季節ごとに使用されるフルーツも変わるので、何度行っても違う味が楽しめるでしょう。大き過ぎて躊躇してしまう方でも安心のミニサイズ、「キャンディツリーmini」(350円)もあります。
こちらはフルーツを1~3個使用した食べきりサイズで、ちょっとしたおやつにもピッタリです。

旬のフルーツをたっぷり使ったジュースはいかが?

迫力の28cm! くいだおれ太郎も驚く「タローズパーラー」のキャンディツリーの4番目の画像

新鮮な果物を使ったメニューは他にもあります。国産の旬の果物をそのままジュースにした、「オオサカミックスジュース」(400円)や「フレッシュスムージー」(600円)もおすすめ。
くいだおれ太郎のイラストとお店のロゴが入った、可愛らしいカップに入っています。それぞれミニサイズも用意されているのも嬉しいポイント。
こちらもキャンディツリー同様、季節のフルーツで作っているので、何度でも飽きずに楽しめます。

大阪名物を味わったら〆にタローズパーラーへ♪

迫力の28cm! くいだおれ太郎も驚く「タローズパーラー」のキャンディツリーの5番目の画像

旬のフルーツを使った特大サイズの「キャンディツリー」をほおばりながら、道頓堀見物すれば大阪観光もより楽しいものになるはず。
美味しいものを食べ過ぎてお腹いっぱいなときは、「オオサカミックスジュース」や「フレッシュスムージー」でお口をさっぱりさせるのがおすすめです。
くいだおれの街・大阪にきたら、デザートまでしっかり食べて心の底からお腹いっぱいになりましょう。

近鉄、阪神電鉄の大阪難波駅から歩いて約6分、道頓堀の中座くいだおれビルの1階に店舗があります。大阪名物くいだおれ太郎の人形のすぐ横にあるので、遠方から訪れる方にも分かりやすいでしょう。
「キャンディツリー」を持って道頓堀の街を歩けば、周囲の注目を集めること間違いなしです。

スポット情報

TARO's PARLOR

TARO's PARLOR

大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれビル1F

06-7652-9164

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事